全日本写真連盟

全日本写真展2011(一般の部)

 「現代を撮る」をテーマに39回目を迎えた写真コンテスト「全日本写真展2011」(主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、協賛:株式会社ニコンイメージングジャパン)の審査がこのほど朝日新聞東京本社で行われました。 今回の応募状況は、一般の部では、476名/2,855点、高校生の部では358名/938点、総計834名/3,793点の作品が集まりました。

【講評】
 一般の部は愛情あふれる、和気あいあいとした幸せなひとときを捉えた作品が多かった。色彩に派手さはないが、内容に富んだ作品が上位に残った。東日本大震災は写真にもさまざまな意味を与えていた。暮らしをカメラで確かめていくことが重要視されている。出来事を理解した上で、独自の視点で切り取ることが大事だ。うまい、タイミングがよいというだけでなく、これまでにないような大胆で斬新な作品も積極的に応募してほしい。

 金賞「惜別」 三浦 進(秋田県)

孫の死を悼む祖母。これ以上近づけない、抑制された距離に悲嘆がにじむ。そこが、共感を呼び、悲しさをより深く伝えている。

 銀賞

「ファミリーの休日」 橋本 良夫(茨城県)
霧で家族が逆光線の中で象徴的に見える瞬間を捉えている。その瞬間にシャッターを押しても、ここまで明暗差を出すことは難しい。顔は見えないが家族の絆を感じる。

「地方巡業」 牛場 寿子(三重県)
三者三様の行動が面白い。踏み込んで撮影した力強さがある。力士の配置も遠近感があり、見事な構図になっている。お相撲さんは今年、話題になった。

「幻夜」 山下 廣子(和歌山県)
太陽の塔のずっしりとした感じと下に向かう目線、そして上に向かう風船が大胆な構図で表現されている。風船の動き、女性のシルエットが幻想的だ。今年は岡本太郎生誕100年の年。

「不安な日々」 寺澤 啓(岡山県)
東日本大震災のひとコマ。人間が写っていないだけにより物悲しく感じる。主人を待ちわびる犬(ぬいぐるみ)に先行きを案じさせるような印象が色濃く出ている。周辺が薄暗く克明でないので、悲しみが増幅され追体験させられる。

 銅賞

 入選

 北海道優秀賞

 青森県優秀賞

 岩手県優秀賞

 宮城県優秀賞

 秋田県優秀賞

 山形県優秀賞

 福島県優秀賞

 茨城県優秀賞

 栃木県優秀賞

 群馬県優秀賞

 埼玉県優秀賞

 千葉県優秀賞

 東京都優秀賞

 神奈川県優秀賞

 新潟県優秀賞

 富山県優秀賞

 石川県優秀賞

 福井県優秀賞

 山梨県優秀賞

 長野県優秀賞

 岐阜県優秀賞

 静岡県優秀賞

 愛知県優秀賞

 三重県優秀賞

 滋賀県優秀賞

 京都府優秀賞

 大阪府優秀賞

 兵庫県優秀賞

 奈良県優秀賞

 和歌山県優秀賞

 鳥取県優秀賞

 岡山県優秀賞

 広島県優秀賞

 山口県優秀賞

 徳島県優秀賞

 香川県優秀賞

 福岡県優秀賞

 佐賀県優秀賞

 長崎県優秀賞

 熊本県優秀賞

 大分県優秀賞

 沖縄県優秀賞

全日本写真連盟からのお知らせ

関東
21/6/10 2021関東本部総会オンライン案内
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413