全日本写真連盟

 審査委員特別賞「強風」 西原 博子(愛知県)

海岸で砂嵐に襲われて立ちすくむ家族。両親が子どもをしっかり抱きかかえ、守る姿にヒューマンな家族愛、そして絆が感じられる感動的な写真である。
A sandstorm struck a family motionless at the seashore. The figure of parents reliably shielding their children in this poignant photograph exemplifies human love for family as well as

 審査委員特別賞「共生の神秘」 伊藤 久幸(愛知県)

海中に生息するウツボと小さなエビの物語。黒いバックに2匹のウツボを画面いっぱいに写しだし、エビと助け合う共生の神秘性を強調している。構成のうまさが光る。 
Morays and delicate shrimp dwelling in the ocean tell a tale. The two morays caught close-up against a black background and the obliging shrimp accentuate the mystery of symbios

 審査委員特別賞「ボディーメイク」 大城 保行(大阪府)

巨大なシマウマのボディに色彩をほどこす職人、背中で作業するたくさんの小人作業員。空想の世界をデジタル技術で見事に作り上げている。
Workers paint the body of an enormous zebra are like a lot of dwarf laborers. The world of fantasy constructed by digital technology is admirable.

 入選

「家族」 瀬川 正範(岩手県)

「麦畑」 村上 吉秋(岩手県)

「地蔵祭りの宵」 戸塚 喜八(山形県)

「被災地の怪樹」 佐藤 一旭(福島県)

「吉日」 奥畑 二郎(栃木県)

「いのち」 黒沢 雍弘(埼玉県)

「真夏の冒険」 原 文男(埼玉県)

「花盛り 蜂ざかり」 柴〓 都(千葉県)

「弾ける若さ」 大久保 辰朗(東京都)

「子供役者」 竹崎 哲夫(石川県)

「祈り」 山本 田鶴子(静岡県)

「挑戦」 林 博視(静岡県)

「おやつの時間」 勝又 暎子(静岡県)

「ここは?」 犬飼 長年(愛知県)

「チビッ子警察官」 小幡 哲資(愛知県)

「思いやり」 垰本 照代(愛知県)

「待ち遠しいね」 牛場 寿子(三重県)

「出番前」 森下 喜美子(三重県)

「わが家」 矢田 新男(三重県)

「疾風のように」 花木 義孝(三重県)

「まなざし」 志貴 利彦(三重県)

「テール」 出口 幸弘(三重県)

「外界を覗く」 三沢 勇典(京都府)

「過密」 山本 公一(大阪府)

「遭遇」 渋谷 栄(大阪府)

「世相」 浅野 和夫(大阪府)

「奉納相撲」 山崎 秀司(兵庫県)

「北国旅情」 武田 雅男(奈良県)

「地上474メートル」 中屋 敏男(奈良県)

「幻夜」 山下 廣子(和歌山県)

「宴たけなわ」 房宗 友治(岡山県)

「廃船」 縣 巌(広島県)

「ハプニング」 槇本 正美(広島県)

「凍てつく黎明」 瀬野 秀明(広島県)

「厳冬」 大野 義人(山口県)

「ひとりっ娘プール」 吉田 健次(山口県)

「落書き」 大川 博(香川県)

「秋日」 那須 昭典(福岡県)

「雷光」 西尾 彪(福岡県)

「夕暮」 奥田 賢治(福岡県)

「喫煙室」 宮崎 末美(福岡県)

「臼かぶり」 角 和典(福岡県)

「過去たち」 黒岩 和夫(福岡県)

「爆煙」 小林 勲(福岡県)

「大寒みそぎ」 久田 重一(長崎県)

「熱気」 山根 博義(大分県)

「トレーニング」 溝部 志公(大分県)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
21/8/31 フォトアサヒ訂正
総本部
21/7/6 総本部は引っ越しました
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413