全日本写真連盟

全日本写真展2016 一般の部 結果発表

「全日本写真展2016」(全日本写真連盟、朝日新聞社主催、株式会社ニコンイメージングジャパン協賛、全国高等学校文化連盟後援)の審査が、朝日新聞東京本社であり、応募作4803点から、入賞作品137点(一般の部93点、高校生の部44点)が選ばれました。今回から高校生の部ではウェブ応募も受け付けました。
◇審査委員(敬称略)
▽松本徳彦(写真家、日本写真家協会副会長)
▽浅田政志(写真家)
▽清水哲朗(写真家)
▽若子jet(写真家)
▽及川研一(全国高等学校文化連盟写真専門部副部会長)
▽谷田川勝喜(全日本写真連盟関東本部委員長)
▽林栄之(全日本写真連盟関西本部委員長)
▽大野明(朝日新聞東京本社映像報道部長)
▽佐々木広人(アサヒカメラ編集長)

【総評】
 「今を切りとる」というテーマが忘れられている印象だ。技術的に優れているが、被写体に撮らされているような写真が多かった。ただ、「今」を撮るのは難しい。それがなかなか見えないのだ。昔は、今そのものが現実であり、直視することができた。現代は情報があふれ、何を見ても驚かなくなってきた。それだけに、挑戦しがいのあるテーマだ。 肖像権の問題で人物が後ろ向きの写真が多かった。一部の講師が、人物は撮るなと指導しているとも聞く。こんな時代だからこそ、被写体となった人としっかり話をして、一緒に入賞を喜んでもらえるような写真を撮ってほしい。

 金賞「佳き日」 鈴木 是清(栃木県)

分かりやすく文句のつけようがない作品。少子化によって、さらにいとおしさが募る赤ちゃんにスマホなどが向けられている。まさに「今」が切り取られている。レンズワークもよく、バランスがとれて美しい。

 銀賞

「悠々自適」 伊藤 信幸(神奈川県)
作者がよく出会う人だそうだ。スーツケースやワインボトル、干された靴下など、情報量が多すぎて、どのような人物なのかよくわからない。その謎が面白い。しっかり正面から撮らせてもらったのもよかった。

「2人と1匹」 吉田 照人(長野県)
全員がカメラ目線でないのがいい。草ボウボウの公園、背景も味気ないことで、逆に可愛らしさが際だった。

「ファミリー」 平野 成明(愛知県)
誰が見ても楽しめる言葉いらずの写真だ。それぞれのゴリラのキャラが立っている。何度も通ったのだろう。粘りの勝利だ。

「睨む」 伊藤 邦郎(三重県)
おそらくこの時の主役は右上のサンバダンサーだろうが、作者は目の前の女性のいでたちも気になっていた。風にめくれ上がった瞬間を逃さなかった。

「暑さに耐えられず」 房宗 友治(岡山県)
着ぐるみの主の疲弊感がユーモラスだ。コスプレ大会だそうだが、何かいけないものを見てしまったような緊迫感もある。タイトルはもう一工夫だ。

 銅賞

 入選

 北海道優秀賞

 青森県優秀賞

 宮城県優秀賞

 茨城県優秀賞

 栃木県優秀賞

 群馬県優秀賞

 埼玉県優秀賞

 千葉県優秀賞

 東京都優秀賞

 神奈川県優秀賞

 石川県優秀賞

 福井県優秀賞

 長野県優秀賞

 静岡県優秀賞

 愛知県優秀賞

 三重県優秀賞

 京都府優秀賞

 大阪府優秀賞

 兵庫県優秀賞

 奈良県優秀賞

 和歌山県優秀賞

 島根県優秀賞

 岡山県優秀賞

 広島県優秀賞

 福岡県優秀賞

 熊本県優秀賞

 大分県優秀賞

 宮崎県優秀賞

全日本写真連盟からのお知らせ

関東
21/6/10 2021関東本部総会オンライン案内
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413