全日本写真連盟

全日本写真展2012(一般の部)

「現代をとる」をテーマに40回目を迎えた写真コンテスト「全日本写真展2012」(主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、協賛:株式会社ニコンイメージングジャパン)の審査がこのほど朝日新聞東京本社で行われました。 応募状況は、一般の部では、472名/2,866点、高校生の部では488名/1,140点、総計960名/4,006点の作品が集まりました。  今年は、高校からの応募者が130名/220点余りの増加になりました。
【講評】
写真で伝え 写真で考える
 東日本大震災から一年。一般の部では生きることや日々の暮らしの喜びを素直に撮ることで今日の世界を見せようとする作品が目立った。色彩豊かな、大きなサイズの写真も多く、印象が強かった。一方、見た目が美しい写真にすることを意識しすぎたせいか、写真からより深く「いま」を読み取らせようという試みはややおろそかになったのではないか。写真で何が語れるか考えながらカメラを向けていくことで、作品を見る人の思いを刺激してほしい。上位作品はさすがにその点を心得た視点で撮られている。

 金賞「公園」 前原 善彰(岐阜県)

まさに現代を象徴する風景。私たちが生きている環境が吸い寄せられるような構図で見事に集約されて写っている。ゴミに悩まされながら、ゴミを捨てる側でもある私たち。面白さと不安が共存している貴重な場面だ。

 銀賞

「母校を訪ねて」 大野 登(埼玉県)
廃校となった母校を訪ねた郷愁だけでなく、魅力的な空間表現を成功させた。写っている人物の現在や未来を想像したくなる。

「イクメン修行中」 小林 郁子(神奈川県)
育児に積極的な子育てパパたちにするどく目をつけ、ほほえましい訓練風景を追った。時代を象徴する出来事を、さらに時間をかけて撮り続けてほしい。

「今風」 伊藤 邦郎(三重県)
対象の切り取り方が鮮やか。白い車に乗り込もうとしている網タイツの女性の足から、様々なことを想像させる。

「路地裏」 杉本 和彦(大阪府)
懐かしさに嬉しくなる子どもたちが遊ぶ姿。このような現代の瞬間もある、こんなにゆったりとした時間が流れている場所もある、という発見と、それを伝えようという撮影が素晴らしい。

「四代目誕生」 渡辺 正則(岡山県)
家族の会話が聞こえてきそうな、いまを生きる私たち皆のかけがえのない記念写真といえそうな場面だ。つい赤ちゃんに近寄って撮ってしまうところを、部屋の空間を生かした構図が巧み。

 銅賞

 入選

 北海道優秀賞

 青森県優秀賞

 岩手県優秀賞

 宮城県優秀賞

 秋田県優秀賞

 山形県優秀賞

 福島県優秀賞

 茨城県優秀賞

 栃木県優秀賞

 群馬県優秀賞

 埼玉県優秀賞

 千葉県優秀賞

 東京都優秀賞

 神奈川県優秀賞

 新潟県優秀賞

 富山県優秀賞

 石川県優秀賞

 福井県優秀賞

 山梨県優秀賞

 長野県優秀賞

 岐阜県優秀賞

 静岡県優秀賞

 愛知県優秀賞

 三重県優秀賞

 滋賀県優秀賞

 京都府優秀賞

 大阪府優秀賞

 兵庫県優秀賞

 奈良県優秀賞

 和歌山県優秀賞

 鳥取県優秀賞

 島根県優秀賞

 岡山県優秀賞

 広島県優秀賞

 山口県優秀賞

 徳島県優秀賞

 愛媛県優秀賞

 福岡県優秀賞

 長崎県優秀賞

 熊本県優秀賞

 大分県優秀賞

 宮崎県優秀賞

 鹿児島県優秀賞

 沖縄県優秀賞

全日本写真連盟からのお知らせ

関東
21/6/10 2021関東本部総会オンライン案内
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413