全日本写真連盟

全日本写真展2010(一般の部)

 「現代を撮る」をテーマに38回目を迎えた写真コンテスト「全日本写真展2010」(主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、協賛:株式会社ニコンイメージングジャパン)の審査がこのほど朝日新聞東京本社で行われました。 今回の応募状況は、一般の部では、542名/3222点、高校生の部では308名/950点、総計850名/4172点の作品が集まりました。高校からの応募が40点増加しました。 (昨年応募状況:一般543名/3181点、高校325名/910点)

【総評】
 「現代を撮る」というのは現代をどのように見つめているかを問われている写真コンテストだ。混沌とした世の中を一枚で語るのはなかなか難しいが、今を問う、見る人に問題提起やイメージを発展させる中身の濃い写真が多かった。

 金賞「一人だけの入学式」 武本 冨重(兵庫県)

今の少子化の現実を的確に表している。一枚でメッセージを伝えるという点では一番インパクトがあった。特に強調したわけではなく、普通に撮り提示しているだけだが、見る人に考える力を呼び起こさせる。

 銀賞

「絆」 松浦 昭子(千葉県)
行く末を想像させる。先を案じながらも、がんばっていこうというメッセージが背中から伝わって来る。光のとらえ方がうまい。

「God Bless the Earth」 鈴木 明久(東京都)
はきれいなだけではなく、漠然とした不安を感じさせる作品だ。地球温暖化など環境に対する強いメッセージを発しているようだ。

「道草」 吉田 照人(長野県)
犬と人物の対照が面白い。背中合わせで別々の事を考えているようだが、ふたりの信頼関係がよく現れている。

「ビーチ仮面」 伊藤 邦郎(三重県)
サーフボードを仮面に見立て、背景に人物をうまく配置した画面構成にインパクトがあった。絵柄が新鮮でアイデアが感じられる。

「いやしの空間」 寺澤 啓(岡山県)
夜の商店街にも見えるがゲームセンター。個々で楽しむ世相をよく表している。空間性も面白いが批評性もある。

 銅賞

 入選

 北海道優秀賞

 青森県優秀賞

 宮城県優秀賞

 秋田県優秀賞

 福島県優秀賞

 茨城県優秀賞

 栃木県優秀賞

 群馬県優秀賞

 埼玉県優秀賞

 千葉県優秀賞

 東京都優秀賞

 神奈川県優秀賞

 新潟県優秀賞

 富山県優秀賞

 石川県優秀賞

 福井県優秀賞

 山梨県優秀賞

 長野県優秀賞

 岐阜県優秀賞

 静岡県優秀賞

 愛知県優秀賞

 三重県都優秀賞

 滋賀県都優秀賞

 京都府優秀賞

 大阪府優秀賞

 兵庫県優秀賞

 奈良県優秀賞

 和歌山県優秀賞

 鳥取県優秀賞

 岡山県優秀賞

 広島県優秀賞

 山口県優秀賞

 香川県優秀賞

 福岡県優秀賞

 長崎県優秀賞

 熊本県優秀賞

 大分県優秀賞

 宮崎県優秀賞

 鹿児島県優秀賞

全日本写真連盟からのお知らせ

関東
21/6/10 2021関東本部総会オンライン案内
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413