全日本写真連盟

全日本写真展2014(高校の部)

 「現代を撮る」をテーマに42回目となった写真コンテスト「全日本写真展2014」(朝日新聞社、全日本写真連盟主催、株式会社ニコンイメージングジャパン協賛)の審査が朝日新聞社で行われた。5598点の応募作から、入賞作品148点(一般の部104点、高校生の部44点)が選ばれた。
 高校生の部については、全体的に写真の技術的なレベルアップがめざましい。しっかり撮れているし、プリント仕上げもうまくなった。一方で内容的には、学園生活における身内の楽しさだけで終わっている作品が相変わらず目立った。そんな中で上位には、落ち着いて社会を見つめていこうという姿勢が感じられる作品が選ばれた。

 金賞「時が止まった場所」 松田 三奈(八代白百合学園高等学校)

光を見極めて物の質感をしっかり確かめ、人物にもしっかり向き合って撮っている。落ち着いたカメラワークが光る作品だ。

 銀賞

「河岸(はま)に生きる」 石川 季莉子(松山城南高等学校)
素直な驚きのようなものがそのまま出ていて、見ていて気持ちのいい写真だ。

「金物店」 石田 亜希(八代白百合学園高等学校)
店の中の状況を丁寧に見つめて撮っている。状況が違う中でも、同じ空気感を出すプリント技術もすばらしい。

「気配」 我那覇 茉莉(沖縄県立浦添工業高等学校)
日常的に軍用機が飛び交う沖縄の状況を、飛行機そのものでなく浜辺に映った影によって表現している。大きな恐怖と背中合わせで生きているんだなと感じさせる作品だ。

 銅賞

 入選

全日本写真連盟からのお知らせ

関東
21/6/10 2021関東本部総会オンライン案内
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413