全日本写真連盟

磯貝さん4年連続で「金」 おかざきロマンフォトコンテスト

 岡崎市内で出会った印象的な光景を写す「おかざきロマンフォトコンテスト」(主催・全日本写真連盟県本部、後援・朝日新聞社、岡崎市、同市観光協会、神明宮)で、入賞作13点が決まった。

 宮田典彦・県本部委員長ら9人が審査。「収穫を得て」で磯貝美代子さん(豊明市)が4年連続の金賞を獲得したほか、銀賞には坪内薫さん(豊田市)の「気遣い」、銅賞には籏崎充平さん(同)の「天空へ」と織田善嗣さん(安城市)の「夜桜を楽しむ」がそれぞれ選ばれた。

 撮影期間は当初、神明宮の大祭などに合わせ、例年通りの3月~5月に設定。しかし、新型コロナウイルスの影響で各種行事が中止となったこともあり、締め切りを11月初旬まで延ばして募集した。

 入賞作品は12月15~25日、岡崎市役所西庁舎1階ロビーで展示される。

 その他の入賞者は次のみなさん。(敬称略)
 【秀作】
  高橋敏郎、田中成憲(岡崎市)磯部香里、西美千代(刈谷市)山口妙子(安城市)
 【入選】
  加藤菊枝、佐藤健司(名古屋市)阿形弘(岡崎市)清田正真(幸田町)

 金賞「収穫を得て」 磯貝 美代子(豊明市)

今どき珍しい稲架(はざ)掛け、刈り取った稲穂と稲束。今年はトビ色ウンカの害もあって稲わらを他に使うことで、稲架掛けが増えている。天日に干すことで、お米の味が良くなることで、自然の恵みの素晴らしさ、秋の空気感が伝わってくる。いずれにしても秋収めにふさわしい作品である。(講評:県本部委員 下里隆明)

 銀賞「気遣い」 坪内 薫(豊田市)

岡崎市神明社祭礼の一コマ。コロナ禍で秋に延期されたが、松本町での山車が活躍した。踊り子を気遣うお師匠さんのフェースシールドが今年をよく表している。踊り子の動きがベストタイミングで、着物の色合いも画面にマッチして良い作品になっている。(講評:県本部委員 堀場敏之)

 銅賞「天空へ」 籏崎充平(豊田市)

湖面に差す斜光がくっきりとしてきれい。コイがその中へ見事に入り、水草も良いポイントとなって印象強い作品になっている。(講評:県本部委員 水野政義)

 銅賞「夜桜を楽しむ」 織田 善嗣(安城市)

岡崎公園の夜桜にライトアップされた岡崎城と月を写し込んで、夜の雰囲気が良く表現されている。ポイントを捉えた、静かな広がりが魅力的な作品である。(講評:県本部委員長 宮田典彦)

 秀作「メルヘンガーデン」 高橋 敏郎(岡崎市)

 秀作「夜のリバーサイド」 田中 成憲(岡崎市)

 秀作「花園」 磯部 香里(刈谷市)

 秀作「姉妹」 西 美千代(刈谷市)

 秀作「疾風去来」 山口 妙子(安城市)

 入選

「練習」 加藤 菊枝(名古屋市)

「静寂」 佐藤 健司(名古屋市)

「春の寺」 阿形 弘(岡崎市)

「マッピングに魅了され」 清田 正真(幸田町)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 発売中






全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413