全日本写真連盟

三たん地方本部 2022春テーマ「動物」コンテスト

◇審査:2022年8月27日
◇88点 ( カラー作品:85点  モノクロ作品:3点 )  出品者30名

審査 関西本部委員 和久秀輝、副委員長 多田尚孝、副委員長 田中良成

●推薦 : 上田敬子(豊岡市)

●特選 : 福岡恭子、紀田光俊(豊岡市)

●準特選 : 穐田茂樹(福知山市)谷口夋一、古川五夫(豊岡市)

●入選 : 朝子政司(綾部市)、足立則子、岡本律子、梶村明生、小山義昭、土永亜子、山口正則(福知山市)、田端みつ子、永木孝夜、中澤較正(舞鶴市)飯室正吾、石田幸治郎、佐々木信一郎、平林淸一、松村良一(京丹後市)高橋一甫(篠山市)前田美代子、松岡煌三、深町知行、福岡 力(豊岡市)

 推薦「叫 び」 上田敬子(豊岡市)

講評 関西本部委員 和久秀輝
コロナ禍の中で大きな口を開けた錦鯉、マスク命の時代に久しぶりに口の中を見た。ムンク以上に迫力ある作品となりました。

 特選「めばえ」 福岡恭子(豊岡市)

講評 副委員長 田中良成
生まれたてのイナゴの赤ちゃん。背景を暗くし、スポットライトを浴びた黄緑色の身体と触角が生命の神秘さを感じさせる作品です。

 特選「凝視(みつ)める」 紀田光俊(豊岡市)

講評 副委員長 多田尚敬
モノクロで撮影したことで、髭や毛並みの質感が鮮明に感じられ、妖艶な表情と共に猫目の細かなディーテルまで上手く捉えている。

 準特選

「草原の中を」 穐田茂樹(福知山市)
講評 関西本部委員 和久秀輝
キッネの家族です。親子、兄弟なのか判りませんが河川の草むらを散歩中、何か気になって注視したところを上手く捉えています。

「決めポーズ」 谷口夋一(豊岡市)
講評 関西本部委員 和久秀輝
二ホンカワトンボのオスのです。美しい羽根を持っています。何回かは、同じ所に止りますが、巡航して止まった所を写しています。

「寒いよー」 古川五夫(豊岡市)
講評 関西本部委員 和久秀輝
動物園の猿山の様ですが降雪になっています。長い冬が来たようです。寒い空気感や静かに降る雪が、今夜の寒さを感じさせます。

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
23/1/11 第83回 国際写真サロンについて
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413