全日本写真連盟

第1回 日本の風景フォトコンテスト 金賞は刈谷市の西さんが獲得!

 第1回日本の風景フォトコンテスト(全日本写真連盟県本部主催、朝日新聞社後援)の審査がこのほどあり、案山子が寂しげにたたずむ夕暮れ時のスイカ畑を収めた、西美千代さん(刈谷市)の「暮れる頃」が金賞に輝いた。
 銀賞には岡本邦良さん(刈谷市)、銅賞には大岩友理さん(名古屋市)、前川滋さん(安城市)がそれぞれ選ばれた。
 同コンテストは、四季折々の自然美、野生動物の生態、人々の営みなど、心に残る日本の風景をテーマに募集。初回の今年度は、計219点の応募があった。
 その他の入賞は次のみなさん。(敬称略)
 【入選】
武田博文(名古屋市)児山進、高橋敏郎、竹内信子、むらはし和明(岡崎市)保口孝夫(豊田市)谷昇(大府市)磯貝美代子(豊明市)仲野隆三(東郷町)

 金賞「暮れる頃」 西 美千代(刈谷市)

トンネル栽培のビニールが夕日に染まったスイカ畑で、寂しげに佇む案山子(かかし)がポイントになっている。たそがれの空気感が表現され、構図、色調も見事である。落ち着いた色合いが画面を引き締め、郷愁を帯びた傍らの風景を描写した良い作品である。(講評:県本部委員長 宮田典彦)

 銀賞「一条の光」 岡本 邦良(刈谷市)

水平線の紅(あか)い色が印象的で、ポイントになっている2本の木々に自然と目線が向く構図になっている。上部の重々しい雲の影と、下部にわずかに入れた緑の草地。すべてがバランスの良い、優れた作品である。(講評:県本部委員 堀場敏之)

 銅賞「予感」 大岩 友理(名古屋市)

暗雲が垂れ込み、太陽の周りに彩雲が出ている。かすかに青空も見えるので、刻々と変化する天候だったのであろう。それに反し、馬たちは黙々と草を食んでいる。まさに「静と動」を感じさせる優れた作品である。「予感」というタイトルも余韻があり、作者の感性が光っている。(講評:県本部委員 井沢正子)

 銅賞「黎明」 前川 滋(安城市)

厳冬の雪原。木の上で風雪に耐えながら羽根を休める鳥。夜明け前の赤く染まる空と、凍る川面が美しい風景を構成している。北海道の地の果てで粘り強く捉えた力作である。(講評:副委員長 山﨑朗)

 入選

「寧静な夜」 武田 博文(名古屋市)

「豊作を願って」 児山 進(岡崎市)

「清純」 高橋 敏郎(岡崎市)

「渓流に咲」 竹内 信子(岡崎市)

「灯台」 むらはし 和明(岡崎市)

「雨上がり」 保口 孝夫(豊田市)

「収穫準備」 谷 昇(大府市)

「ベールに包まれて」 磯貝 美代子(豊明市)

「湿原の朝」 仲野 隆三(東郷町)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 予約販売実施中
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413