全日本写真連盟

第44回千葉県民写真展の結果発表

千葉県本部と朝日新聞千葉総局が主催で行われた今年度の「第44回千葉県民写真展」5部門の応募作品を厳正な審査の結果、素晴しい143点の入賞作品が決まりましたので発表します。募集部門は「自由」「課題」「ネーチャー」「花」「中学高校生」の5部門と前年同様の「モノクロ賞」を加えて行われ、千葉県内外の393名の方から、2,348点の応募をいただきました。応募作品の審査と講評を写真家の柿本完二氏と赤城耕一氏にお願いして、5部門の最優秀賞作品の中で最も優れた作品の「グランプリ賞」には「花の部門」で最優秀賞の佐藤美那子様の作品「凜として」が選ばれました。
                                              千葉県本部 委員長 村上 宰
入賞者一覧表はこちらから

【総評】 
 全ての部門を合わせて総数2000点をゆうに超えるたくさんの応募点数に驚きましたが、優れた作品がとても多く、審査にはたいへん苦労しました。上位入賞作品は、被写体そのものの魅力だけ成り立たせたものではなく、作者の技術力、解釈、観察力に強い個性があることが共通点です。また若い中高生の作品は発想が豊かで、審査する私たちも参考にしたいほどでした。今後もずっと写真を続けてください。入賞作品はいずれも甲乙がつけがたいほど伯仲したレベルであったことを報告しておきます。(赤城耕一)

 自由の部最優秀賞「お邪魔カエル」 伊東功一(市川支部)

ドアのノブの中に入り込んだアマガエルです。思わず「こんにちは」と声をかけたくなるような愉快な写真ですね。擬人化されたイメージですが、たしかな技術をもって撮影されているため、まるでミニチュアのセットの中にカエルがいるような不思議な雰囲気が強調されています。まずは身のまわりをよく観察してみようという好例でもあります。(赤城耕一)

 自由の部優秀賞「平成の大家族」 深尾晃(茂原支部)

思わず写真に写っている子供の数を数えてしまいました。ストロボ光を使わず、その場にある光だけで撮影したアベイラブルフォトのためリアリティを感じさせます。家族の記念だけではなく現代の大家族の一面を我々に知らしめるドキュメンタリー作品としてみることができます。(赤城耕一)

 自由の部優秀賞「霊玉」 森田正博(いすみ支部)

霊玉とは何か。ということを解明する必要はなく、「これは一体なんだ?」ということを素直に感じ取る不思議な作品ですね。写っている被写体を具体的に説明することができ、かつ魅力的で美しいことだけが写真の魅力ではないことを示した好例といえるでしょう。(赤城耕一)

 課題の部最優秀賞「レーサー」 中島一之(柏支部)

日中シンクロの効果を生かし、被写体の男の子の表情を巧みに描写しつつ、動感を再現することに成功しました。写真独自の表現といってよいでしょう。作者の技術力だけではこうした作品ができるわけではなく、偶発的な要因も味方につけています。画面からあふれてしまうようなフレーミングも好感が持てます。(赤城耕一)

 課題の部優秀賞「出航!飛鳥Ⅱ」 間島健一(柏支部)

出航する飛鳥Ⅱの姿を長時間露光で捉えました。光跡のラインがまっすぐなことで構成美と緊張感が生まれています。下部に写っている人物のポジションも良いバランスがとれています。(赤城耕一)

 課題の部優秀賞「猛進」 佐藤国利(長南支部)

蒸気機関車の煙が素晴らしく印象的な赤色に染められ、美しさと同時に動感を表現、またこちらに迫ってくるような強い迫力を感じさせる魅力ある作品ですね。作者の確かな技術力を感じさせる秀作です。(赤城耕一)

 ネーチャーの部最優秀賞「朝」 石井克幸(佐倉市)

朝の光の中一羽のシラサギが佇んでいます。全体を乳白色のような淡いトーンに仕上げた事で水彩画のような暖かみを感じさせています。(柿本完二)

 ネーチャーの部優秀賞「白鷺繚乱」 神戸一章(いすみ支部)

飛び立った白鷺と水の中で佇んでいる白鷺が画面に動きを与えていますし、動きとともに白鷺たちの羽音も聞こえてきます。(柿本完二)

 ネーチャーの部優秀賞「蜘蛛の糸のプリズム」 小濱卓郎(流山支部)

大きなボケが虹色の輝きを増幅させていますし一点に合ったピントが五線譜の上を光が転がっている様なリズムを感じる作品です。(柿本完二)

 花の部最優秀賞グランプリ賞「凜として」 佐藤美那子(柏支部)

単調な被写体を照明などデジタルの特性を生かして新しい花の世界を見事に表現していますし、花に対する豊かな感性も感じさせています。(柿本完二)

 花の部優秀賞「あじさい暮景」 柳沢房親(茂原支部)

夕焼け空を背景にストロボを使ってアジサイを浮かび上がらせた事でコントラストが強まり迫力も感じさせています。(柿本完二)

 花の部優秀賞「空に咲く」 上田治行(千葉支部)

画面全体を淡いピンク色に統一。明るめの露出と大きなボケが花のもつ優しさと柔らかさを醸し出しています。(柿本完二)

 中高生の部最優秀賞「気圧ガール」 廣川正之(県立四街道高等学校)

タイトルからすると、気圧計と女性の多重露光なのでしょうか。あるいは写り込みによるダブルイメージなのかもしれませんが、現実には感じることのない世界です。まさに写真表現独自の宇宙を感じさせます。(赤城耕一)

 中高生の部優秀賞「好きな人」 斉藤夏音(県立長生高等学校)

ダイレクトなタイトルですね。作者のボーイフレンドなのでしょうか。大胆な画面構成の中に、魅力的な男の子がストレートに写っていることが斬新で、思わず見入ってしまう作品になりました。(赤城耕一)

 中高生の部優秀賞「夕暮れを走る」 岡優成(県立四街道高等学校)

情感を感じさせる鉄道写真です。雲の形、夕暮れの色味が最高で、電車の位置も見事です。鉄道に興味がなくても鑑賞できる美しい風景写真に仕上がっています。壁にかけたくなる作品ですね。(赤城耕一)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 発売中
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413