全日本写真連盟

第35回「日本の自然」写真コンテスト入賞作品発表(プリント部門)

「いつまでも守り続けたい日本の自然」をテーマに、35回を迎えた「日本の自然」写真コンテストの審査結果を発表します。

審査員(写真家)
中村征夫、福田健太郎、前川貴行、吉野信、米美知子
沖浩(森林文化協会常務理事)、大野明(朝日新聞東京本社映像報道部長)、浅野哲治(同大阪本社映像報道部長)、佐々木広人(アサヒカメラ編集長)

主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会
協賛:ソニーマーケティング株式会社

【プリント部門総評】
 歴史あるコンテストなので、みなさんが高い意識をもって応募しているのがわかる。地元にじっくり腰を据えて愛する郷土の写真を撮る人、それを全国に伝えようという意識が感じられる人、未知の場所に足を延ばして新たな撮影を試みている人。いずれも取り組み方が素晴らしい。
 残念なのは、いい被写体、瞬間に立ち会っていながら、主題があいまいな作品が目についたことだ。上位の作品は何を撮りたいのかがよく伝わってくる。また、プリントのクオリティーが原因で入賞を逃したものも少なくなかった。明らかな合成写真があり、過剰な後処理、色処理で損をしている作品も多かった。被写体は動物、特に鳥が多い傾向が続いており、次回は風景作品の応募をもっと期待したい。

ソニーマーケティング「日本の自然」写真コンテストページ
巡回展のお知らせ
作品集販売のお知らせ

 最優秀賞「貯食に大忙し」 佐藤 圭(北海道)

 ナキウサギの写真はよく見られるが、餌をくわえてジャンプしている姿を正面から捉えたものは珍しい。素晴らしいシャッターチャンスをものにした。ナキウサギの行動をよく観察し、通るコースを定めてカメラを構えた。まさに観察眼の勝利だ。

 中村征夫賞「光芒」 今尾 祐子(神奈川県)

 西表島のマングローブを捉えた水中写真だが、河口域の水はふだん濁っているので、時間と場所をしっかり選ばないと撮れない。光が水にどのように入ってくるのかと、その光を浴びながらマングローブの気根が育っていく様子がよくわかる美しい写真だ。

 福田健太郎賞「ハサ木を見つめて」 井上 正和(新潟県)

「静かにささやく」という印象の写真だ。今はもうほとんど使わなくなった稲を干すハサ木だが、消えていく農文化の象徴ともいえる。冷たく静かな大地と天がそれに呼応しているようにも感じる。リアルだが、幻想的な世界に我々を誘っている。

 前川貴行賞「蜜を求めて」 森田 昭代(福岡県)

 日本はとてもカラフルな国で、チョウもその立役者だ。この作品は、はっきりとしたコントラストで、画面にアサギマダラが美しく、バランスよくちりばめられている。また周辺部の光を落とし、チョウのもつ独特の色味を印象的なものにしている。

 吉野信賞「雄叫び」 大川 不二夫(福岡県)

ヤマドリに出合うことは大変難しい。いいチャンスに巡り合えた。縄張りを誇示するための雄たけびを上げる瞬間をうまく捉えている。色彩にも品格がある。暗いところで動きの速いヤマドリをしっかり写し止めたのは観察力のたまものだ。

 米美知子賞「湖岸飛沫氷」 八田 一徳(滋賀県)

 飛沫氷は十和田湖などが有名だが、これは琵琶湖だ。朝日に照らされ、自然が素晴らしい造形美を作り出した。的確なシャッタースピードで飛沫が舞った瞬間と氷ができる過程を写し、凝縮された構図だ。動と静をしっかり捉えている。

 朝日新聞社賞「冬の足音」 加藤 利光(静岡県)

 人気撮影スポットだが、この場所で撮れる一番いい光線状態の写真ではないか。登場人物、犬が絶妙な動きをとり、余計なものが写らず、この写真の重要な要素である白い息がきっちりと写っている。人と自然の関わり、触れ合いを見事に表現している。

 森林文化協会賞「止まり木」 鷲澤 悟(新潟県)

 佐渡で飼育されているトキ。一度は絶滅した鳥がこれだけ集まっている光景は現地では珍しくないのかもしれないが、写真として改めて見ると感無量だ。ここまで繁殖できる自然環境を整えたことも素晴らしい。ここには写っていない水田風景を想像したくなる。

 優秀賞「ワイドスクリーン」 高木 サダ子(福島県)

 優秀賞「家族愛」 戸田 利一(埼玉県)

 優秀賞「ゲット」 志賀 俊夫(千葉県)

 優秀賞「Dolphins in Twilight」 今井 寛治(岐阜県)

 優秀賞「子孫繁栄」 鈴木 小百合(静岡県)

 優秀賞「寄り添う」 小澤 翔(愛知県)

 優秀賞「風に舞う」 大庭 眞治(奈良県)

 優秀賞「もういいかい」 八代 万里子(広島県)

 優秀賞「春の里山」 北村 健三(高知県)

 優秀賞「百花繚乱駅」 北脇 英雄(福岡県)

 入選

「森の目覚め」 西岡 尚央(北海道)

「線香花火」 鳥海 陽太郎(福島県)

「あぶない」 澤崎 房子(茨城県)

「オショロコマのバトル」 小黒 恵司(栃木県)

「異星人」 原澤 宏(埼玉県)

「静寂」 龍澤 豊文(埼玉県)

「夜霧のパークブリッジ」 矢部 豊(埼玉県)

「ほとばしる生命力」 横田 有香子(東京都)

「生きるために」 伊藤 彰浩(東京都)

「相思相愛」 鈴木 邦彦(東京都)

「汽水域 海と川の戯れ」 荒引 敏夫(神奈川県)

「虹の杖」 興村 良輔(三重県)

「トルネード」 三上 発代(滋賀県)

「一陽来福」 松本 昭子(京都府)

「守る」 冨弥 充(大阪府)

「風雪に耐える」 三坂 康一(大阪府)

「朱華煌めいて」 西村 充康(奈良県)

「ヨシ原の朝」 永冨 賢治(山口県)

「冬の海」 谷野 和恵(山口県)

「雨中の光進」 中塚 正春(香川県)

「雨情の森」 芝﨑 静雄(愛媛県)

「里山の夏」 長 吉秀(福岡県)

「初夏の舞」 佐藤 衣代(大分県)

「藻場漁」 山根 博義(大分県)

「深夜徘徊」 吉直 新一郎(沖縄県)

 北海道一賞

「秋の森へジャンプ」 前田 賢一(北海道)

 青森県一賞

「ツツジ咲く頃A」 いそやま たかゆき(青森県)

 岩手県一賞

「晩秋」 小山 邦博(岩手県)

 宮城県一賞

「追いすがる」 湯田 今日男(宮城県)

 秋田県一賞

「お帰り鮭児」 原田 司(秋田県)

 山形県一賞

「目覚めの時」 森 茂(山形県)

 福島県一賞

「全力疾走」 奈良輪 喜義(福島県)

 茨城県一賞

「満帆飛翔」 竹内 治(茨城県)

 栃木県一賞

「春の散歩道」 黒川 哲男(栃木県)

 群馬県一賞

「光射す」 櫻井 勝美(群馬県)

 埼玉県一賞

「親子の川渡り」 山﨑 清(埼玉県)

 千葉県一賞

「絆」 大谷 隆勇(千葉県)

 東京都一賞

「雪の里」 上野 純(東京都)

 神奈川県一賞

「春雪に咲く」 大山 紀一(神奈川県)

 新潟県一賞

「親子で散歩」 小坂 幸平(新潟県)

 石川県一賞

「暮れる頃」 大山 善治(石川県)

 福井県一賞

「天空の越前大野城」 坂本 英継(福井県)

 山梨県一賞

「街を呑む霧」 渡辺 英基(山梨県)

 長野県一賞

「秘密の入口」 朝井 美紀子(長野県)

 岐阜県一賞

「御疲れ様」 星谷 義孝(岐阜県)

 静岡県一賞

「源兵衛川の夏」 露木 義光(静岡県)

 愛知県一賞

「春風」 松田 勝(愛知県)

 三重県一賞

「真冬の滝景 白滝 東林寺」 辻 隆司(三重県)

 京都府一賞

「旅立ちの時」 三沢 勇典(京都府)

 奈良県一賞

「天空の雄鹿」 川上 悠介(奈良県)

 和歌山県一賞

「桜川」 平山 弘(和歌山県)

 島根県一賞

「キャッチ」 吉岡 直樹(島根県)

 広島県一賞

「渓谷に咲く」 杉岡 常久(広島県)

 香川県一賞

「寒日」 城上 智子(香川県)

 愛媛県一賞

「瑞雲」 岡田 真美(愛媛県)

 福岡県一賞

「夜明けの漁」 安岡 義之(福岡県)

 熊本県一賞

「銀河伝説の島」 釣出 満彦(熊本県)

 鹿児島県一賞

「幼虫ホタルの行進」 住 髙秀(鹿児島県)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413