全日本写真連盟

▶第41回「日本の自然」写真コンテスト【デジタル部門】結果発表

朝日新聞社が1983年に行った「21世紀に残したい日本の自然100選」を記念して始まった「いつまでも守り続けたい 日本の自然写真コンテスト」(朝日新聞社・全日本写真連盟・森林文化協会主催、ソニーマーケティング株式会社協賛)は今年、41回を迎えました。全国から集まった作品は計1万3,258点。プリント応募が対象の[プリント部門]には857人から5,021点の応募があり、「最優秀賞」を含む69点が選ばれました。ウェブ応募の[デジタル部門]には2,066人から8,237点の作品が寄せられ、「最優秀賞 ソニー4K賞」と30歳以下の応募者を対象にした「ソニーネクストフォトグラファー賞」を含む32点が決まりました。風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した作品を通じて、日本の自然の素晴らしさを再発見していただければ幸いです。 

【審査委員】
福田 健太郎 (写真家)
前川 貴行 (写真家)
ソニーマーケティング株式会社関係者

主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会
協賛:ソニーマーケティング株式会社
※肩書は審査当時

【総評】
 今年は若手からベテランまで幅広い年代の作品が例年以上にそろい、希望や未来を感じさせてくれた。新型コロナ5類移行に伴い、遠方に出向く機会が増えたことで、各地の自然が網羅され、国内の自然の多様性にも改めて驚かされた。上位の作品は一見すると地味ながら、着眼点に優れ、仕上げの丁寧さにも目を見張る写真が多かった。

▶連動特別企画

▶ソニーマーケティング「日本の自然」写真コンテストページ

▶巡回展のお知らせ

▶作品集販売のお知らせ

▶朝日新聞デジタル

 最優秀賞 ソニー4K賞「妖精の森」 橋本 友(島根県)

世界観が見事だ。派手にせず、作者が感じたであろう「おごそかさ」が大切にされた1枚。ホタルの光跡も強調されすぎず、「侘び寂び」の美学すら感じさせる。「日本の森」が伝わってくる作品だ。 

 ソニーネクストフォトグラファー賞「天空の花園」 土手 光貴(東京都)

お手本のような風景写真で、空の表現や色彩が美しい。山だけにとらわれることなく、広角レンズを使って足元から捉える、広い視野を持った構図だ。20代で、その着眼点を持っていることに驚かされる。

 優秀賞「鹿月夜」 龍川 悠平(北海道)

 優秀賞「Deer at dusk」 佐々木 康人(北海道)

 優秀賞「春光の飛沫」 佐藤 博志(東京都)

 優秀賞「夏は終わらない」 松田 好申(神奈川県)

 優秀賞「シラスウナギ漁」 中尾 文則(愛媛県)

 入選

「雪の暖簾」 尾崎 和己(北海道)

「異世界」 小野 貴博(北海道)

「イクラの舞」 蛯澤 一雄(北海道)

「幽玄の佇まい」 櫻庭 一憲(青森県)

「鉄路に惑う」 青野 康廣(栃木県)

「飛翔 ~羅臼岳を背に~」 加藤 智子(埼玉県)

「Jump!」 若松 千裕(東京都)

「憧れの雪山ピーク」 白拍子 雅司(東京都)

「清流の狩人」 福村 成彰(東京都)

「シャンパンゴールドの朝」 藤見 聖也(東京都)

「コサギの喧嘩」 東 和文(神奈川県)

「Tokyo Sardine Run」 島田 大地(神奈川県)

「朝明けと白馬岳」 大浦 愛菜(神奈川県)

「雨上がり」 荻久保 次郎(神奈川県)

「水面に舞う」 三屋 理人(福井県)

「富士初雪の頃」 酒井 謙二(山梨県)

「嵐の予感」 渡辺 英基(山梨県)

「春を彩る者たち」 宮田 紀英(長野県)

「田の目覚め」 荻山 清和(岐阜県)

「海蝕洞から見る天の川」 阿部 幸平(愛知県)

「雪降」 小菅 雅人(愛知県)

「富士と権現」 黒部 友朗(愛知県)

「ねぐらへ」 倉戸 啓子(京都府)

「硫黄の海」 齋藤 有弘(大阪府)

「極楽猿」 上田 太郎(鹿児島県)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/6/13 第41回「日本の自然」写真コンテストについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413