全日本写真連盟

「満員御礼!五感で楽しむ工場夜景撮影会」

 
1箇所目の東公園

写真愛好家だけでなく、若い人にも大人気となっている「工場夜景」を撮影しようと、5月24日と31日に「佐藤親正さんと行く・魅惑の川崎工場夜景☆」撮影会が川崎市で開かれました。  

 

  この企画、実は川崎市で最初に工場夜景ツアーを開催した仕掛け人、亀山安之・観光プロデューサーの全面協力のもと、ほかの旅行会社にはない、全日写連だけの特別企画を実現することができました。中身は、撮影会とあわせてフォトアサヒで関東本部委員・佐藤親正さんが連載中の三脚講座の連動企画に。発表と同時に予約が殺到、満席となりました。急きょ5月21日も追加開催となり、計67名が川崎の工場夜景を撮影しました。
 

 

   
最初の講義では、最初に朝日新聞社の現役カメラマン・阿古慎一郎さんによるスライドを使ったミニレクチャー。①工場夜景を撮影するときのカメラ設定方法、②絞りやシャッタースピード、ホワイトバランスの設定方法を変えた作例を比較して、「撮りたい写真」「撮りたいイメージ」を学びました。次に、佐藤親正さんが、①佐藤先生が事前下見で撮影した作例を用いたカメラの設定方法、②三脚の立て方やカメラの正しい取り付け方法、について講義・実演。参加者の中には自己流でされている方も多く、一つ一つ設定方法を確認しながら実習する姿も見られました。
  
2カ所目 市営埠頭

  講義のあとはバスで出発。撮影前に、先ずは腹ごしらえ!というわけで、事務局一押しの穴場「コリアンタウン」で焼き肉を堪能。エネルギー補給した後は、いよいよ現場へ。亀山・観光プロデューサーによる撮影地の見どころや工場夜景にまつわる話を交えながら、川崎市の臨海地区にある東公園の夜景や、市営埠頭での撮影をしました。撮影会終了後は、イルミネーション輝く浮島を車窓見学。キラキラ光る工場地帯を見てしばし感動した後、すぐに「カメラがぶれて全然撮れないよ~」と言いながら最後までシャッターを切り続ける参加者の姿を横目に、「誰よりも良い作品を撮る!」という飽くなき好奇心とタフな体力に終始圧倒されました。   

  参加者からは「事前講習を受けたおかげで良いのが撮れました」「工場夜景は一度行ってみたかったので楽しかった」などと大好評。川崎市駅で解散するまでの6時間ではありましたが、たいへん密度の濃い撮影会となりました。

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
18/10/29 デジタルカメラ実践講座増補版 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413