全日本写真連盟

大賞は碧南市の犬塚さん 第8回ふるさとフォトハイキング写真コンテスト

全日写連県本部主催「第8回ふるさとフォトハイキング写真コンテスト」の審査があり、犬塚勝正さん(碧南市)の「竹あかり」が大賞に選ばれた。

 コンテストは、県本部が季節ごとに開く撮影会「ふるさとフォトハイキング」の参加者が対象。20年度はコロナ禍で全ての撮影会を中止したため、同年度中に県内で撮った作品であれば応募可とした。
 そのほかの入賞者は次のみなさん。(敬称略)

 【四季賞】春の部 鈴木正美(豊川市)、夏の部 柴田喜代春(西尾市)、秋の部 保口孝夫(豊田市)、冬の部 谷昇(大府市)
 【入選】近藤真智子、若杉正幸(名古屋市)、石川勝、磯部香里(刈谷市)、籏崎充平(豊田市)助川正義(安城市)、下村信隆(西尾市)、磯貝美代子(豊明市)

 フォトハイク大賞「竹あかり」 犬塚 勝正(碧南市)

【講評】 埋め尽くされた切り竹の明かりに、かがんだ少女の後ろ姿…。その水玉模様が、竹明かりとマッチした形がいい。巧みな構成力と調和。少女が何を思い、何を願っているかを見る人に考えさせる所に、内容の深味がある。(県本部委員 稲富弘之)

 四季賞春「おはよう」 鈴木 正美(豊川市)

【講評】 雉の雄が鳴いている瞬間を捉えて、堂々と羽ばたいている。周辺を黒く落としている事で、目線を中央に誘導している表現力が効果的で優れている作品である。(県本部副委員長 山﨑朗)

 四季賞夏「初夏の煌めき」 柴田 喜代春(西尾市)

【講評】 優しい夏の光の中で、イトトンボが朝露の青葉に止まっている。煌めく光の美しさが素敵だ。レンズのボケに中にも実像のシルエットが写って見事に計算された素晴らしい作品である。(県本部委員 堀田武)

 四季賞秋「陽がいっぱい」 保口 孝夫(豊田市)

【講評】 秋日の夕暮れ迫るころ、一匹の蛾の羽根が陽に輝く姿が素晴らしい。上部の光が少し強いので、カットするか焼き込むと、蛾の羽根がもっと引き立ち、効果的である。(県本部委員 松尾秀夫)

 四季賞冬「好奇心」 谷 昇(大府市)

【講評】 まるで本物の恐竜が現れ、ひそかに隠れて見ているような表現である。枯れた木の影が、冬の季節を感じさせ、姉妹のいる姿も自然で、主役を恐竜にしないで、人物の有様を描いた作者の力量に拍手。(中部本部委員 小幡哲資)

 入選

「藤前夕景」 近藤 真智子(名古屋市)

「斜光」 若杉 正幸(名古屋市)

「厳冬」 石川 勝(刈谷市)

「初秋」 磯部 香里(刈谷市)

「夏休み」 旗崎 充平(豊田市)

「春うらら」 助川 正義(安城市)

「身をおどらせ」 下村 信隆(西尾市)

「戯れ」 磯貝 美代子(豊明市)

全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2016/01/29 都道府県本部収支決算書フォーマット
本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413