全日本写真連盟

第13回モノクロ写真展

 第13回全日本モノクロ写真展(全日本写真連盟関東本部、朝日新聞社主催)の入賞作品79点が決まった。全国から401人、2388点の応募があった。審査には写真家の熊切圭介氏と伏見美雪・アサヒカメラ副編集長があたった。

【講評】熊切圭介氏
 デジタルカメラの急速な機能アップもあって、最近はデジタルによるカラー作品を撮る人が圧倒的に多い。しかし銀塩時代から続く長い歴史を持つモノクローム写真に、限りない魅力を感じる人も着実に増えている。
 深味のある表現と豊かな階調は自然や人間を深いまなざしで捉え心を伝える。今回の入賞作品でも変化に富んだモノクロームの世界を見事に表現した作品と数多く出会った。

 最優秀賞「静かな湖面」 花木義孝(三重県)

静寂に包まれた湖面に少年が飛び込んだ瞬間を絶妙なタイミングで撮影しており、写真というメディアの持つ面白さを見事に表現している。この直後の光景を想像する楽しさがある。

 朝日新聞社賞「我が子」 野口 稔(埼玉県)

中国で撮影した作品だと思うが、点滴の袋を棒に付けた姿で人混みの中に佇む母子の情景に、厳しい現実を強く感じる。母親のうつろな表情に貧しくつらい生活がうかがえ、胸に迫る。

 全日写連賞「争  奪」 和田知久(広島県)

画面から男たちのすさまじい熱気が伝わってくる。スローシンクロで撮影しているので動感が強調されている。画面を汗にまみれた肉体だけで構成したことにより、迫力ある作品になった。

 関東本部長賞「慈しみ」 千葉栄作 (神奈川県)

ひそやかで静謐な世界が見事な構成で描かれている。数人の僧侶が顔を寄せ合い、なにやらひそひそと話し合っている姿に、西欧の宗教画を見るような面白さを感じる。

 アサヒカメラ賞「祈  り」 西尾 明(三重県)

 特   選

「祭三役」 水谷 寛(三重県)

「淡雪の芸術」 勝又説夫(静岡県)

「大自然に向かう」 高橋尚義(埼玉県)

「仮設トイレ」 吉田照人(長野県)

「帰り道」 山田 康(静岡県)

 準 特 選

「庭  先」 石橋哲子(埼玉県)

「安  息」 柳谷昌輝(青森県)

「カラス」 勝野まり子(東京都)

「愉快な仲間」 有馬良江(神奈川県)

「田舎の祭り」 加藤利光(静岡県)

「今日の収穫」 鈴木静子 (静岡県)

「興  味」 中濱 正善(大阪府)

「クライマックス」 水茎  競(大阪府)

「風紋とオアシス」 竹歳 雅秀(鳥取県)

「人生の重み」 柳鶴政広(北九州市)

 入   選

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/6/13 第41回「日本の自然」写真コンテストについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413