全日本写真連盟

第23回全日本モノクロ写真展

「光と影」という写真の原点であるモノクロ写真にデジタル時代にふさわしい芸術性と新しいメッセージを込めた作品をふるって応募ください。

【応募締め切り】2024年5月31日(金) 【審査員】ハービー・山口(写真家)

【展覧会】2024年9月以降予定 富士フイルムフォトサロン東京(東京ミッドタウン)

【作品】モノクロの単写真。未発表作品に限ります(二重応募不可)。但し、全日写連の支部、県本部、ブロック主催のコンテスト入賞作品は応募可。地域主催コンテスト入賞作品は不可。関東:「人間大好き」、関西:「全日本動物」「全日本鉄道」「朝日写真展」、中部:「この日この時」「日本の自然風景」「中部公募展」、西部:「西部写真サロン」「西部撮影会」「西部写真コンクール」
合成変形不可。

【サイズ】A4のみ(四つ切り、台紙付きは不可)

【応募点数】1人10点以内(2021年1月以降に撮影した作品に限る)

【応募資格】高校生以上ならどなたでも応募できます。

【ご注意】人物を撮影した作品の場合は、必ずその方に応募の了解を得てください。

【賞】最優秀賞1名(3万円)、朝日新聞社賞1名(2万円)、全日写連賞1名(1万円)、関東本部長賞1名、フォトアサヒ賞1名、特選5名、準特選10名、入選若干名には賞状と賞品を贈ります。(入選者数により賞の増減があります。また応募規定に違反した場合は、入賞・入選を取り消すことがあります。)

【賞品の発送】賞品は展覧会終了後に送ります。

【主催】全日本写真連盟関東本部 朝日新聞社

【発表】本人へ直接通知、朝日新聞紙上、全日写連会報誌フォトアサヒで発表。 

【出展料】入賞・入選者はデータとともに出展料10,000円(展示作品制作料・諸経費)が必要です。高校生無料。

【作品返却】選外作品の返却希望者は、封筒に「返却希望」と朱書きの上、申込書と応募票に記入し、返却料1,000円を加えてお振込みください。展覧会の開催前にご送付します。(入賞・入選した作品は返却いたしません。)

【作品の使用】入賞・入選作品は新聞、雑誌、ウェブサイトに使用されることがあります。

【お問合せ】全日本写真連盟事務局 ☎03-5540-7413 メール ajaps@photo-asahi.com

【応募方法】コンテスト申込書と、応募票を貼った作品を同封し、
〒104-8011(住所不要)朝日新聞東京本社全日写連事務局「第23回全日本モノクロ写真展」係までお送りください。

【応募票】下記よりダウンロードしてご利用ください。(コピー可)。応募票は作品の裏に両面テープで貼ってください。(ノリ使用不可)
※全日写連の会員は会員番号を記入してください。住所は都道府県もお願いします。

【応募料】全日写連会員2,000円、一般2,500円。高校生無料。作品返却料1,000円。
ゆうちょ銀行の「払込取扱票」の通信欄に「第23回全日本モノクロ写真展応募料」「全日写連の会員番号」「応募点数」を明記の上、下記の口座記号番号にお振り込み下さい。(振込料本人負担)。
「払込取扱票」は名簿作成に使用するので全ての項目を丁寧にご記入ください。
※応募料の重複振り込みはご注意ください。なお、いかなる場合も応募料の返金はいたしません。

加入者名:全日本写真連盟 口座記号番号00170-3-504616

第23回全日本モノクロ写真展応募要項

申込書・応募票

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/1/24 第84回国際写真サロンについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413