全日本写真連盟

第23回 朝日写真サロン・中国 結果発表!

審 査: 令和元年 10月 20日 (日)

          広島県・岡山県・鳥取県・島根県・備後地方=合計
<応募人数>   77 ・ 45 ・ 45 ・ 36 ・ 44 =  247
<応募点数>  323 ・193 ・207 ・111 ・199 = 1033

審査員: 全日本写真連盟 総本部理事         林 栄之
       全日本写真連盟 関西本部長         浅野哲司 
       全日本写真連盟 関西本部委員長      山中健次

【総評】作品とは、撮影者の個性の表現です。他の人が撮影し、既に作品として発表されているモチーフを撮影しても新鮮味がありません。いつも自分を信じて新しいモチーフを発見し、シャッターを押して欲しいと思います。また、作品づくりも日々刻々と変化していますので、写真雑誌などを読み、時代に残されないように情報収集し、現代に合った写真を撮って欲しいと思います。(関西本部委員長 山中健次)


 朝日新聞社大賞「ロボ剣士」 黒住憲治(岡山県)

黒の胴着と面金の白が不気味で剣士達の並びも舞台もよく、映画のシーンを見るようだ。(総本部理事 林 栄之)

 アサヒカメラ賞「お昼どき」 三藤保子(備後地方)

祝い事のある日だろうか、男性が御馳走を手に、そして、後ろにはシルバーカーの女性。長閑な時間が流れています。(関西本部委員長 山中健次)

 関西本部長賞「片隅」 田中敏夫(備後地方)

誰か倒れているか、隠れているか、想像します。聞けばスポーツ大会後のごみとのこと。眼のつけ所がいいです。(関西本部長 浅野哲司)

 広島県本部長賞「滝すべり」 対木寿子(広島県)

滝を滑り落ちる2人の子どもに動きがあり、精一杯楽しんでいる姿が良いですねぇ。空中に飛んでいる男の子が凄い。(関西本部委員長 山中健次)

 岡山県本部長賞「まつりの日」 虫明郁代(岡山県)

手にするのは尻尾か刀か。少年のおどけた仕草と表情が明るく楽しい作品。(総本部理事 林 栄之)

 鳥取県本部長賞「綺麗でしょう」 大西 茂(鳥取県)

明るい指先と影の顔。整ったモノクロトーンから奥行きが出ています。タイトルにひと工夫が欲しかったです。(関西本部長浅野哲司)

 島根県本部長賞「競輪」 渡辺正史(島根県)

変形された影はどうしてという面白さがある。天地が逆だとより影を生かすのでは。(総本部理事 林 栄之)

 備後地方本部長賞「入園の朝」 大坪正人(備後地方)

一生懸命自分でホックを止めようとしている少女の表情や両手が可愛い。入園後も元気で明るく育ってほしいと願います。(関西本部委員長 山中健次)

 BSS山陰放送賞

「白い夏」 野田みつ子(鳥取県)
時代を感じる家並みと白い日傘と着物の女性。イメージを具象化しています。(総本部理事 林 栄之)

「大空へ」 江川安夫(島根県)
子どもの動きが三者三様で面白いです。雲や斜めの地面が効果的。少し左を詰めるとさらに良かったと思います。(関西本部長 浅野哲司)

 特選

 準特選


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 発売中
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内



全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413