全日本写真連盟

第11回人間大好き!フォトコンテスト結果発表

「第11回人間大好き!フォトコンテスト」(全日本写真連盟関東本部、朝日新聞社主催)の入賞作品97点が決まった。全国から507人、2457点の応募があり、全日本写真連盟会長で写真家の田沼武能さんが審査した。

総評
 「何と素晴らしい傑作だ、人間というやつは!」。シェークスピアの戯曲「ハムレット」に出てくるセリフである。私はその素晴らしい人間を写真に撮り始めて70年になる。人間は生まれてから死ぬまでの生涯、個々にドラマを演じていると思っている。今年もその人間ドラマを撮影した力作がたくさん寄せられた。スマホ時代の近年は、写真は写ることが当たり前になっている。中身の違いは撮影者が何に感動して、どう撮ったかにある。新しい発見や表現が求められ、アイデアのひらめきも重要な要素になる。

 最優秀賞「超ベテラン」 加藤 利光

高齢者のダンス競技会でペアの演技者のぴったりと息の合った最高の瞬間を捉えている。それを見守るご婦人方のうらやましげな表情もいい。高齢社会の今を生きる方々にエールを送る素晴らしい作品だ。

 朝日新聞社賞「元気な子」 杉岡 常久

五月晴れの草原でこいのぼりを持って走る少年の笑顔と、周囲の躍動感あふれる光景が人間の喜びを力強く表現している。

 全日本写真連盟賞「「とったよー!」」 神田 裕司

トップライトに近い太陽の逆光線をうまく使い、柔らかな光で黄色い器の中の獲物(カナヘビだろうか)と少年を強調した。

 関東本部長賞「東京マラソン」 小島 泰子

流し撮りでランナー2人のスピード感が表現され、カラフルな背景が力走ぶりを強調している。

 アサヒカメラ賞「主役はワタシ」 村上 忠司

 優秀賞

「しあわせの重み」 宮地 知佐

「絆」 坂倉 美智子

「力を合わせて」 鈴木 計子

「リズムに乗って」 石橋 法久

「演奏前」 森 浩一郎

 特選

「孫たちの笑顔」 市川 節子

「闘志のガッツポーズ」 水野 英樹

「ちびっこの攻防」 奥本 泰久

「幸せ一杯」 大島 雅子

「風の頂きへ」 近藤 茂樹

 準特選

「仲良し」 尾崎 忠夫

「ハイ、チーズ」 齋藤 康夫

「干潟美人」 森田 昭代

「青春」 鈴木 實

「祭の楽しみ」 関口 浩史

「まつりの日」 酒井 正志

「髷まつり」 宮嶋 節子

「愉快な仲間たち」 西村 充康

「好奇心」 松永 愛子

「今に青春」 服部 友幸

 入選

 高校生入選

「締め付けられる生徒会会長」 佐藤 涼太

「執 念」 髙橋 花鈴


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 発売中
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内



全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413