全日本写真連盟

第17回甲信越写真サロン結果発表

主 催:全日本写真連盟甲信越ブロック・朝日新聞社
審査員:写真家・全日本写真連盟関東本部委員 小林 紀晴

【総評】
昨年に引き続き甲信越写真サロンの審査をやらせていただきました。日本のほぼ中央に位置する山梨、長野、新潟の三県は狭い範囲のようで、実はとても広く多様です。日本一高い山があり、幾つもの険しい連峰があり、そして海がある。さらに分け入るほどに独自の文化や風習が残っています。四季がはっきりしているのも特徴です。実にフォトジェニックな地なのだと、今回審査をやらせていただくなかで改めて強く感じました。

 朝日大賞「中に興味」 馬島 久男(長野市)

巨大なかまくらでしょうか。年配の女性がこちらに向かって歩いてきます。雪の反射で光がよく回っています。入口が窓枠効果となり、奥行きを感じさせます。何より女性に、この地で長く生きてきた存在の強さがあります。

 朝日新聞社賞「水底の空」 中沢 賢治(鎌倉市)

新潟県越路紅葉園で撮られた一枚です。水面への反射と実像が見事に重なっています。そのため池の底にさらに別の世界が広がっているように感じられます。フレーミング、露出、ピントといった技術的な面もクリアされています。

 全日本写真連盟賞「身仕度」 吉田 照人(長野市)

とても迫力のある一枚です。写っているには女性ですが、本来は男性の装束を身につけていることもあり、たくましさがあります。同時に髪型、お化粧などから女性らしい可憐さも感じます。そのコントラストが新鮮です。

 優秀賞「自然界1年生」 鷲澤 悟(新潟市)

タイトルから、そもそもは飼育されていたトキだとわかりました。果敢にトンボらしき虫を追っています。半逆光が広げた羽に当たり、美しいです。それにしても見事な一瞬です。おそらく長い時間をかけて追っているからでしょう。

 優秀賞「虫送り」 浅見 良夫(五泉市)

かなり引いた位置から撮影していることに、作者の意識的な抑制を感じます。それにより、見る側が引き込まれます。物語を感じやすいからです。虫の鳴き声、風の音、太鼓の響きといったものが自然と写真から聞こえてきます。

 特選

「ハングル船漂着」 平澤 正光(長岡市)

「話のはずむ時」 山後 一子(長岡市)

「雷雲せまる」 弥田 正蔵(三条市)

「提灯行列」 小島 寛明(長岡市)

「16歳 冬」 岡村 国次(長岡市)

 準特選

「冬籠もり」 樋口 紘一郎(新潟市)

「牛と僕」 外石 富男(加茂市)

「碧色爆波」 宮嶋 立美(新潟市)

「西壁寸光」 輿水 忠比古(北杜市)

「氷上の舞」 沢登 圭造(南アルプス市)

「古希の仲間達」 中村 重敏(長岡市)

「好奇心」 須田 孝子(柏崎市)

「狐の夜まつり」 根津 順治(十日町市)

「闘牛」 須田 幸栄(新潟市)

「夢心地」 岡田 徳治(藤沢市)

 入選


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 発売中
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413