全日本写真連盟

第47回西部写真コンクール

 全国の写真愛好家から過去最高の1500点の応募作品が集まった「第47回西部写真コンクール」の審査が朝日新聞東京本社であり、50人の入賞者が決まった。審査は、写真家で全日本写真連盟会長の田沼武能氏が担当した。テーマは自由で、最優秀のグランプリのほか、ネイチャー(自然)、ヒューマン(人)、アニマル(動物)、フェスタ(祭り)の各大賞と優秀賞5点、入選の40点が決まった。グランプリには真角伸子さん(北九州市戸畑区)の「ひと時」が選ばれた。
 ■主催
 朝日新聞社、全日本写真連盟西部本部
 ■協賛
 エプソン販売株式会社
 キヤノンマーケティングジャパン
 ニコンイメージングジャパン

【田沼武能氏の講評】
 応募作品すべてのレベルが高く、選ぶのに大変苦労しました。考えに考えて、アイデアを振り絞って作品づくりをしているのが伝わってきます。特に動物写真には驚かされました。例年多く寄せられるサルの仲間は、表情が人間に似ているので、訴える力が強い作品が生まれます。しかし、今回はそれをしのぐ鳥類の写真が集まりました。なかなか撮れない瞬間をうまく捉えた、まさに「生きるドラマ」が写しだされた作品が多く、選ぶのに悩みました。
 その中でもアニマル大賞となった「捕獲」は、鳥と魚の決闘を絶妙のタイミングで切り取った秀作です。ミサゴに捕まった魚が悲鳴を上げているような瞬間を見事に捉えた。写真ならではの迫力ある作品です。
 グランプリに輝いた「ひと時」は、子供と女性陣の和気あいあいとした楽しい雰囲気が写し込まれています。ミルクを与えながら仲間と談笑している「肝っ玉おばあちゃん」の姿が印象的で、人間のドラマが忌憚なく写し込まれている素晴らしい作品です。
 ネイチャー大賞の「天狗の落書き」は、ロケット打ち上げ時の雲の模様が、タバコの煙のような面白い形で写り込んでいます。二度と撮ることのできない決定的瞬間を、朝焼けの景色を背景に写し撮り、ダイナミックな風景写真に仕上がりました。
 ヒューマン大賞の「窓辺の物語」は、旅館の窓から花火見物をする人を撮った傑作です。花火を撮らずに、この風景に着目した作者の感性には驚かされました。シルエットで写しだされた人物の配置で、それぞれの家族の人間模様が伝わってきます。
 色々な祭りの中からフェスタ大賞に選んだのは「変顔」です。化粧をしている少年の表情が何とも言えませんね。うれしいような、照れくさいような。真っ暗な背景に浮かび上がった顔のアップに、子供の心情が写し込まれた素晴らしい作品です。

 グランプリ「ひと時」 真角 伸子(北九州市)

 ネイチャー大賞「天狗の落書き」 横山 睦(福岡県)

 ヒューマン大賞「窓辺の物語」 安岡 義之(福岡県)

 アニマル大賞「捕獲」 上田 利博(岡山県)

 フェスタ大賞「変顔」 財満 眞千子(山口県)

 優秀賞「役員さん」 川崎 幸雄(三重県)

 優秀賞「もう一人の私」 宮田 ゆか(山口県)

 優秀賞「工事現場のスパイダーマン」 木村 信夫(山口県)

 優秀賞「異世界」 井上 修(北九州市)

 優秀賞「孤独」 巽 信吾(長崎県)

 入選

「真夏日の天使」 山本 義則(北海道)

「ロックのステージ」 寺門 健一(茨城県)

「吹雪の港町」 沖舘 宏(埼玉県)

「雪原アート」 松下 裕志(岐阜県)

「意気な深川」 鈴木 實(静岡県)

「困ったね」 花嶋 強(愛知県)

「クライマックス」 松尾 秀夫(愛知県)

「大空へ」 外勢 肇(愛知県)

「田植えの頃」 倉知 恵子(愛知県)

「幸せな日」 本庄 肇(三重県)

「私だヨ!」 齋藤 佳英(大阪府)

「落日の波止」 木村 薫(大阪府)

「継ぎ獅子」 中岡 喜勇(奈良県)

「時空を超えて」 西村 充康(奈良県)

「舞姫」 横山 澄子(岡山県)

「スーパーカー」 杉岡 常久(広島県)

「ジャンプ」 藤原 弘旦(広島県)

「寒げいこ」 松本 信夫(山口県)

「トンボの紋様」 藤田 毅(山口県)

「感傷」 板垣 まり子(山口県)

「学生みこし」 中野 紀男(山口県)

「炎舞う」 谷野 隆(山口県)

「母子」 平山 幸子(北九州市)

「春をゆく」 大川 とみえ(北九州市)

「シャワー」 葉石 美和子(北九州市)

「お祭り大好き」 井上 眞由美(北九州市)

「馬走る」 仁田原 加代子(北九州市)

「鯉幟の里」 遠藤 晴世(北九州市)

「出番前」 北川 雅一(北九州市)

「曲線」 黒水 律子(北九州市)

「星空に映える赤鳥居」 中島 和幸(北九州市)

「優勝祈願」 入江 千鶴子(北九州市)

「切株を囲んで」 沖永 豊子(北九州市)

「寒雀」 白川 勉(福岡県)

「聖母行列」 奥平 昌典(長崎県)

「頭の雄叫び」 井上 信明(熊本県)

「遭遇」 木下 保之(熊本県)

「生きる」 餘野 照彦(大分県)

「ハッピーハッピー」 後藤 秀彦(大分県)

「柚子の香り」 黒木 憲夫(宮崎県)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2018/12/26 年末年始休業日12/27~1/6
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413