全日本写真連盟

磯貝さんが金賞に 2019年度 おかざき春ロマンフォトコンテスト 

 岡崎公園や神明宮など、岡崎市の春を写す「おかざき春ロマンフォトコンテスト」(主催・全日本写真連盟県本部、後援・朝日新聞社、岡崎市、同市観光協会、神明宮)で、入賞作19点が決まった。

 今年は126点の応募があり、宮田典彦委員長ら12人の県本部委員が審査。金賞に磯貝美代子さん(豊明市)の「ひと時」、銀賞に山口妙子さん(安城市)の「見返り美人」、銅賞に高橋敏郎さん(岡崎市)の「川風に舞う」と大島雅子さん(春日井市)の「出番前」が、それぞれ選ばれた。

 入賞作品は8月19日(月)~23日(金)、岡崎市役所西庁舎ロビー(土、日は閉館)で展示される。

 その他の入賞者は次のみなさん。(敬称略)

 【秀作】
佐藤健司(名古屋市) 阿形弘、木村博誌(岡崎市) 西美千代(刈谷市) 清田正真(幸田町)

 【入選】
岩田邦彦(名古屋市) 上原美穂子、成瀬共恵(岡崎市) 岡島章、外勢肇(春日井市) 板倉重春(碧南市) 岡本明、星敏子(刈谷市) 織田善嗣(安城市) 谷昇(大府市)

 金賞「ひと時」 磯貝 美代子(豊明市)

斜陽の射す控え室(テント)にたたずむ世話役の何とも言えない表情が、祭りの雰囲気を漂わしている。紅白幕に映る影も効果的であり、優れた作品となっている。(県本部副委員長 山﨑朗)

 銀賞「見返り美人」 山口 妙子(安城市)

神明宮大祭の山車舞台が、各町内で披露される手踊り。晴れの舞台で踊る姿を愛らしく捉え、振り返った一瞬を、上手く捉えて、素敵な作品となった。(県本部委員 下里隆明)

 銅賞「川風に舞う」 高橋 敏郎(岡崎市)

五月晴れの空に勢いよく泳ぐ、真ん中の鯉が印象的です。岡崎市北部の山間の川に吊るされた鯉のぼり。川の流れと土手の草のグリーンが爽やかに感じられ、良い作品である。(県本部委員 纐纈明美)

 銅賞「出番前」 大島 雅子(春日井市)

今年の神明宮祭礼は2日間とも晴れ、大変暑かった。稚児行列の出番前の様子や雰囲気が良く表現されている。2人のお母さんも引き立っており、ピント、色調とも優れている。(県本部委員 川合軍)

 秀作「感謝の舞」 佐藤 健司(名古屋市)

 秀作「祭りの日」 阿形 弘(岡崎市)

 秀作「御披露目の舞台」 木村 博誌(岡崎市)

 秀作「路地裏」 西 美千代(刈谷市)

 秀作「仲よくお参り」 清田 正真(幸田町)

 入選

「匠」 岩田 邦彦(名古屋市)

「力を合せて」 上原 美穂子(岡崎市)

「火の競演」 成瀬 共恵(岡崎市)

「熱演」 岡島 章(春日井市)

「祭りの日」 外勢 肇(春日井市)

「春風に誘われて」 板倉 重春(碧南市)

「僕達が主役」 岡本 明(刈谷市)

「春うらら」 星 敏子(刈谷市)

「寿司詰め状態」 織田 善嗣(安城市)

「たわむれ」 谷 昇(大府市)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413