全日本写真連盟

第43回新潟県本部支部対抗写真コンテスト

新型コロナウイルスの影響で2年続けて非公開でしたが、県内9支部103名の会員が476点の自信作を持ち寄り、熱気に満ちた雰囲気の中で、3年ぶりに公開審査を行いました。
審査:総本部事務局長 久松弘樹

 大賞「ボクの床屋さん」 栗山浩三(県央支部)

玄関先でおばあちゃんに散髪してもらっている男の子。じっとしていられない我が子をなだめるお母さん。三世代の家族の日常の幸せが伝わる、ハートフルな写真です。外からの柔らかな光が男の子のはしゃぐ笑顔を浮かび上がらせ、背景も生活感が伝わる程度に落とし込まれた絶妙なライティングです。

 全日写連賞「六代目」 坂田辰榮(柏崎支部)

柏崎市の山間の工房を営む6代目の和紙職人をとらえた作品です。1枚目は歴史ある工房を継いだ責任感が視線から伝わります。2枚目は和紙をはるすだれに浮かび上がった「6代目」のシルエットに仕事ぶりが伝わります。黒が基調の1枚と、逆光を生かした白の基調の写真の2枚で構成したことで、対照的な印象が生まれた組写真です。

 金賞「春風と遊ぶ」 広川信俊(長岡支部)

新潟県では各地で大凧上げの行事が盛んです。大勢で大凧をあげる場面は正面から狙い凧の大きさを表現した構図が多いですが、この写真は真っ青な空を背景に生かし、引き手を真横から撮影した構図から、より「天高く」揚がる凧の印象が際立っています。引き手たちの表情が伝わる程度に少しブラすことで、動きも楽しさも伝わります。

 銀賞

「戯れ」 野島涼太(県央支部)

「春彼岸」 西野米子(十日町支部)

「また来て」 花田茂(阿賀野支部)

 銅賞

「天空を行く」 佐藤信雄(阿賀野支部)

「霧 景」 高橋幸栄(中条支部)

「春の饗宴」 田澤直美(加茂支部)

「里山の爺さん」 平井昭夫(新潟支部)

「はい、ポーズ!」 長谷川恵美(五泉支部)

「朝の飛び立ち」 新井勝義(加茂支部)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
23/1/11 第83回 国際写真サロンについて
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413