全日本写真連盟

全日本お城写真コンテスト2022

「全日本お城写真コンテスト2022」には 181人、609点の応募がありました。審査の結果、最優秀賞に小泉次郎さん(愛媛県)の「夕照・石鎚山」が選ばれました。

【総  評】
 日本には幕末の時点で、二百近くの城があったとされる。同じかたちの城は二つとなく、いずれも個性がある。その特徴をどう捉えるか、城という被写体から何を感じたのか、多数の応募作品からその感受性の多様さに驚かされた。四季の彩りの中で美しさを放つ城、今に生きる私たちと城との関わりを捉えたもの、まるで1枚の絵画のように城の繊細なディテール描写を極めたもの、先人たちが造り上げた造形に心を奪われシャッターを切ったもの、石垣の表情や城の持つパーツを感動とともに捉えたものなど、どの作品にも日本文化を発掘するかのような意気込みが宿り、審査するのに苦労した。かつて栄華を誇った城の魅力を、写真を通して垣間見るかのよう作品群に、ただただ驚かされた。(審査委員長 岡 泰行)


■審査委員長 岡 泰行(城郭写真家)
■審査委員  総本部理事 林 栄之
        総本部理事 山中健次 
        関西本部長 中田 徹  (敬称略)

<主催> 全日本写真連盟関西本部 朝日新聞社
<協賛> 株式会社エツミ ハクバ写真産業株式会社

 最優秀賞「夕照・石鎚山」 小泉次郎(愛媛県)

講評  審査委員長 城郭写真家 岡 泰行
 西日本最高峰の石鎚山を借景に、連立天守群が織りなす風景を残照の淡い光の中で見事に捉えた作品。

 ハクバ賞「雪の清洲櫓」 田島清光(愛知県)

 ハクバ賞「輝く天守」 西久保 信一(滋賀県)

 エツミ賞「朝日を浴びる」 角田大介(青森県)

 エツミ賞「夏華美」 芝﨑静雄(愛媛県)

 奨励賞「美ら海の要塞」 小池 裕美子(東京都)

 奨励賞「Monochrome」 小田切 駿介(駒場東邦高校 神奈川県)

 奨励賞「雪持ちの笠」 北嶋彰夫(神奈川県)

 奨励賞「~風雲~ 小田原春の陣」 桑原雄太(神奈川県)

 奨励賞「夜桜に浮かぶ丸岡城」 宮本慶治(福井県)

 奨励賞「雪城雲海」 小澤達矢(岐阜県)

 奨励賞「春暁」 服部雄太(滋賀県)

 奨励賞「トライアスロンin大坂城」 重原信彦(大阪府)

 奨励賞「時の流れ」 北村恭康(奈良県)

 奨励賞「紅葉下の練塀」 おどみ岐諷(徳島県)

 ファーストステップ賞「新緑」 今井啓明(NHK学園高校 新潟県)

 ファーストステップ賞「夜がやってくる」 田中詩浬(高槻市立南平台小学校 大阪府)

 ファーストステップ賞「変わらないもの」 吉川 颯(初芝富田林高校 大阪府)

 ファーストステップ賞「感動した石垣」 三宅惇生(中山中学校 岡山県)

 ファーストステップ賞「水都」 田口誠将(廿日市西高校 広島県)

 入選

「五月晴れの日の出」 大野広倉(千葉県)

「水面と明暗」 小瀬由奈(杉並学院高校 東京都)

「山城にある石垣」 小山一彦(東京都)

「桜に囲まれた大多喜城」 岡本洋三(東京都)

「画面の外は人だかり」 奥津 剛(神奈川県)

「水面の福井城址」 田中 健(福井県)

「晩秋の城跡」 西原 洋一郎(愛知県)

「古城に華開く」 石川 勝(愛知県)

「待ち焦がれた春曙」 中澤佑介(滋賀県)

「いくさの記憶」 木村 薫(大阪府)

「高取城跡」 古地幸男(大阪府)

「castle in the city」 長原恭子(兵庫県)

「朱に染まる石垣と沿道」 佐伯知美(兵庫県)

「古城の桜」 前田博史(兵庫県)

「姫路城の夕暮れ」 岡田義樹(兵庫県)

「夜空に浮かぶ」 小田 実(和歌山県)

「冬の松江城」 児島 巧(島根県)

「桜の下で」 鴨野昭夫(広島県)

「今治城と継ぎ獅子」 上野登志(愛媛県)

「光あふれて」 川端 萬里子(熊本県)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
18/10/29 デジタルカメラ実践講座増補版 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413