全日本写真連盟

2022年度山形県本部第1回会員写真コンテスト結果

全日本写真連盟山形県本部
2022年度 第1回山形県会員写真コンテスト
応募者数  25名 応募総数 99点
審査員 近藤悦朗(全日本写真連盟関東本部委員)

総評
今回は99点の応募作品。春を迎えた時期に撮影した方が多く桜、花、新緑などの春を題材した作品が多くありました。特に桜の風景は様々な表情があり待ちわびた春の喜びが表現されている作品が目につきました。全般に作品の質が高く選定に苦労するほどでした。コロナなどで祭り、スナップなどは変わらず少なかったです。
感動した被写体をどう表現するか主役と脇役をきちんと決めて撮影。今回の応募作品はそういう関係性ができていました、露出も構図も全体的に良かったです。あとはホコリが写っている作品もありましたのでカメラ内のホコリなどは定期的にクリーニングしましょう。

入賞者リストはこちら

 最優秀賞「let's dance」 樋渡博(最北支部)

カモが水辺から上がってきた一瞬を見事にとらえました。羽を広げ足はまだ地についてなくピントも良くキャッチアイも良く表現されています。手ぶれもなく露出もベスト。ダンスのような感じに表現されていい瞬間です。後方の鳥も入って雰囲気も出ています。

 優秀賞「激流に挑む」 髙橋秀一(最北支部)

この作品も一瞬の激しい動きをとらえました。砕ける水しぶきにオールをうまく使ってバランスをとっている瞬間。真剣な顔。激しく砕ける水しぶきがいいですね。ピントもいいです。

 優秀賞「薫風に泳ぐ」 高橋俊二(天童支部)

川の両岸に張られたロープの鯉のぼりが春風に揺れています。中望遠での撮影でボリューム感が表現され、構図的にもいいです。向こう岸には桜を入れた事により季節感をさらにプラスしています。

 秀作「彼岸の朝」 齋藤彰(最北支部)

雪の中の墓に手を合わせる男性。ちょうど朝日が昇り周辺を照らし始めドラマチックな風景になっています。墓に手向けた花にも日が当たり印象的です。良いタイミングです。墓の周りの雪も森で見られる「根開き=ねあき」現象と同じように溶け、春のお彼岸を感じさせます。

 秀作「待ちかねた春」 渡部潔(天童支部)

長く寒かった季節も終わり待ちわびた春がやってきました。そんな感じが表現されています。丘の上の桜が一斉に咲き足元は緑の草。後方には残雪の山並み。青空など春の色のグラーデーションがいいです。

 入選

「春うらら」 片見信広(最北支部)

「電車待ち」 鈴木貞治(天童支部)

「春風に乗って」 庄司武見(山形支部)

「雨の参道」 京野秀明(最北支部)

「桜の下で演奏」 松浦英子(山形支部)

「二人三脚」 笹原一則(天童支部)

「飛行準備!!」 栗田勝美(最北支部)

「花の下で」 松浦敬次郎(山形支部)

「晴天と桜に誘われて」 横尾範昭(天童支部)

「残雪と桜」 小野浩也(最北支部)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
18/10/29 デジタルカメラ実践講座増補版 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413