全日本写真連盟

2023年度第1回会員写真コンテスト

審査員 関東本部委員 近藤悦朗

総評
 今回の応募作品は81点。今年に入ってコロナの下火と2類から5類への移行で色々な規制が解除され今まで中止になっていた祭りが再会されて、今回の作品にも多くの祭りなどのスナップが目立ちました。久しぶりの祭りで喜ぶ人たちの表情が明るく、またマスクをはずした人々のスナップがいいです。
 例年の作品は風景などのネイチャーが多かったですが、やはり人々の表情の明るさを見るのはやはり写真の魅力です。また春の到来で桜の写真も多く、桜に雪が積もる写真も目立ちました。春の喜びにあふれた作品が多く、総体的にレベルの高さが印象に残りました。

 最優秀賞「庭先で奉納」 山口恒弥(天童支部)

春を告げる東根の伝統行事ですね。派手な衣装、高く飛び上がる躍動感はまさに春が来た喜びを表現しています。高速シャッター撮影なのでブレもなくきちんとピントがきています。また見ている人が花がついたお札(?)を持っているのがまさに春の行事を表しています。

 優秀賞「さくらに雪が降る」 松浦敬次郎(山形支部)

満開の桜に雪がしんしんと降り積もっています。桜に雪が積もるのは俳句の春の季語で「桜隠し」と言いますがまさに言葉通り。桜は見えませんがほんのりピンク色に見えます。その感じがいいですね。春と冬の季節の同居。いいチャンスをものにしました。これもまさに春です。

 優秀賞「狙う」 細矢昭雄(尾花沢支部)

流鏑馬の一コマ。スローシャッターで流し撮りのテクニックが活かされました。的を射る矢がきちんと止まって見えます。見事です。紅白の幕が祭りの雰囲気をプラスしています。さて的に当たったのでしょうか。

 秀作「老夫婦の一服」 鈴木貞治(天童支部)

積もった雪を掘って休憩所にしているのはいかにも雪国らしいです。キセルを吸う姿は珍しいですね。買い物をしてきたのでしょうか。野菜にうっすら積もっています。奥さんのカゴにはみかんがいい感じです。また着ている袢纏、手袋、長靴と赤系統で統一したセンスがいいです。可愛いおばあちゃん。穏やかな老夫婦の表情がいいです。

 秀作「力を貯めて」 笹原一則(天童支部)

輓馬競技会での一コマ。大きな荷物を引いて坂を駆け登る白い輓馬。大きく口を開け必死の
顔がいいですね。馬を引く人もまた足を踏ん張り必死に引き上げていて、まさに人馬一体の競技会ですね。コロナで中止されていましたが今年は4年ぶりに開催されその喜びが感じられます。

 入選

「威嚇」 齋藤彰(最北支部)

「食欲旺盛のジョビオ君」 佐藤実(天童支部)

「捉えた獲物」 渡部潔(天童支部)

「出番前」 須藤征義(尾花沢支部)

「滝桜」 高橋俊二(天童支部)

「春爛漫」 小野浩也(最北支部)

「再会の春」 栗田みゆき(最北支部)

「ゴール直前」 髙橋秀一(最北支部)

「散歩」 豊岡守一(最北支部)

「寒い日の満開桜」 西尾秀男(天童支部)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/1/24 第84回国際写真サロンについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413