全日本写真連盟

自由作品フォトコンテスト

2020 自由作品フォトコンテスト【一般の部】

■審査員  :  全日本写真連盟 関西本部委員 市江三郎

■応募点数 148点  応募者数 27名

主催 : 全日本写真連盟福井県本部
後援 : 福井県高等学校文化連盟 ・ 朝日新聞福井総局

●推薦 : 寺尾美代子(福井市)
●特選 : 志賀大紀、 中村一雄(福井市)  宮本慶治(敦賀市)
●準特選 : 河合俊成(越前市)  加藤勝治(南越前町)
●入選 : 土田加代子、 山﨑昌三郎、 田辺信雄、 向出隆一、 髙木美栄子、 青山秀子、 
      青山きくゑ、 土田紀之、 筏春次

 推薦「春爛漫」 寺尾美代子(福井市)

画面いっぱいに桜の花が咲き誇っています。
幹から推定するに樹齢何百年と言う古木でしょう。
 桜のトンネルには親子を添景に、画面構成が素晴らしい。

 特選「大空に羽ばたく」 志賀大紀(福井市)

白鳥の北帰行でしょうか? 遠くに雪をかぶった山脈が光っています。
 撮影場所が高山で行くにも大変、又白鳥に出合えるかも? 一期一会の出会いを物にした作者に幸あれ。

 特選「雨の神事」 中村一雄(福井市)

国旗を大胆に配して旗の間に神官が袴の濡れるのを気にしてか裾を端折っています。
 そのしぐさに人間臭さが見えて写真的です。

 準特選

「蜜を求めて」 宮本慶治(敦賀市)
彼岸花の色を少し抑え気味に(淡く)クロアゲハでしょうか? 絶好の位置に配して作画しています。
 一幅の日本画のようで好感が持てます。

「若鮎遡上」 河合俊成(越前市)
遡上する姿はとてもけなげで応援したくなりますね。
 自然の営みというか生命力を感じます。


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 発売中






全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413