全日本写真連盟

三たん地方本部 第25回三たん風景写真コンテスト


◇審査日 : 2024年3月3日
◇応  募 : 31名 94点( カラー作品:94点  モノクロ作品:0点 )  
◇審査員 : 関西本部委員 和久秀輝、三たん地方本部副委員長 多田尚敬、地方本部委員 梶村明生

●推  薦 : 平林正規(京丹後市)
●特  選 : 古川五夫(豊岡市) 中澤較正(舞鶴市)
●準特選 : 朝子政司(綾部市) 福岡恭子、 上田敬子(豊岡市)
●入  選 : 四方敬一、 足立則子、 岡本律子、 山﨑新太郎、 田端みつ子、 森本 茂、 平林淸市、
        石田幸治郎、 安達忠行、 徳本晃一、 佐々木信一郎、 飯室正吾、 田中祐一、
        宇和野英明、 南 正一、 松岡煌三、 戸田正樹、 深町知行、 紀田光俊、 福岡 力

 推薦「氷道」 平林 正規(京丹後市)

講評 関西本部委員 和久 秀輝
 間人の立岩です。なぜかこの岩に向かって川が流れ込んでいます。雪が乗った薄氷が流れています。珍しい風景を見つけています。

 特選「春らんまん」 古川 五夫(豊岡市)

講評 三たん地方本部委員 梶村 明生
 耕作されなくなった棚田に、淋しさをまぎらわす様に咲く数本の桜です。斜光線が入り、画題の通り「春らんまん」を写しています。

 特選「漁場」 中澤 較正(舞鶴市)

講評 三たん地方本部副委員長 多田 尚敬
 朝日に照らされて黄金色に輝く朝霧と水面が幻想的です。難しい光の条件の中、橋梁や漁船を黒いシルエットにして、印象深い作品となりました。

 準特選

「春風」 朝子 政司(綾部市)
講評 関西本部委員 和久 秀輝
風薫る五月の藤棚に鯉のぼりが泳いでいます
。風を読みながら泳ぐ姿も大切です。空をカットするともっと大きな風景になります。

「移りゆく季節」 福岡 恭子(豊岡市)
講評 関西本部委員 和久 秀輝
豊岡市のコウノトリ水田です。冬期のえさ場のために水田に水が張ってあります。これを使って冬を迎えた季節をとらえています。

「黄色のジュータン」 上田 敬子(豊岡市)
講評 関西本部委員 和久 秀輝
一面に咲いたからし菜の花を写しています。遠くに林を入れて広々感が出ています。空を入れる量によってイメージは変わります。

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/6/13 第41回「日本の自然」写真コンテストについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413