全日本写真連盟

高知県本部 県本部展

2021年度高知県本部展
             
◇ 開催日時 令和4年3月10日
       午前9時から午後5時

◇ 開催場所 高知市文化プラザかるぽーと7階展示室

◇ コンテスト参加人員 会員26名   出展数 26点

◇ 審査講評    朝日新聞高知総局長 古川寛人

◇作品展示  令和4年3月10日~3月13日

●推薦 : 田中一郎(佐川町)
●特選 : 畠山雅子(高知市) 森桂子(黒潮町) 三宮健秀(土佐市)
●準特選 : 久保田征子(高知市) 前中良啓(香南市) 山本咲月(四万十市)
●入選 : 太田和子、 山﨑禎子、 三本幸子、 宮地知佐、 市川恭子、 恒石丹、 北村健三、 小松正夫、 加島朝花、 金子道男

 推薦「闘眼」 田中一郎 (佐川町)

火祭りの儀式前の息をのむ一コマ。画面構成を簡素化したことで、剣士の鋭い眼差しに一層引き込まれます。伐倒の瞬間をうまく切り取った見事な作品でした。

 特選「SOS」 畠山雅子(高知市)

画題にある通り、車のフロント部分が四方八方から草木に襲われ、SOSを発している。高級外車として街を疾走していたころからどれくらい時が過ぎたのだろうか。広角レンズをうまく使った秀作です。

 特選「愛すべき酔っばらい」 森 桂子(黒潮町)

伯父が一升瓶を抱えてほろ酔いの表情。どんな話で盛り上がっているのか、ほのぼのとし雰囲気が伝わる愛すべき一枚です。

 特選「おせったい」 三宮健秀(土佐市)

四国八十八カ所巡りをしているのか、若い遍路さんが店先で御接待を受けてほっと一息。御接待する方、される方の双方の心持ちが感じとれ、プリント仕上げが美しい作品です。

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
18/10/29 デジタルカメラ実践講座増補版 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413