全日本写真連盟

名古屋市の伊藤さんが金賞に 第2回日本の風景フォトコンテスト

 第2回日本の風景フォトコンテスト(全日本写真連盟県本部主催、朝日新聞社後援)の審査があり、朝日が差し込む渓谷の幻想的な光景を収めた、伊藤章二さん(名古屋市)の「目覚めの時」が金賞に輝いた。

 銀賞には松岡広実さん(豊橋市)の「朝模様」、銅賞には岡本邦良さん(刈谷市)の「山頂茶畑」と高橋斉さん(あま市)の「朝の輝き」がそれぞれ選ばれた。

 同コンテストは、四季折々の自然美、野生動物の生態、人々の営みなど、心に残る日本の風景をテーマに計115点の応募があった。
 その他の入賞は次のみなさん。(敬称略)

 【入選】
 中村隆俊(豊橋市)、むらはし和明(岡崎市)、岡島章(春日井市)、垣見昌宏、西美千代(刈谷市)、坪内薫、籏崎充平(豊田市)、山口妙子(安城市)、谷昇(大府市)、磯貝美代子(豊明市)

 金賞「目覚めの時」 伊藤 章二(名古屋市)

伏流水が湧く岐阜県の渓流は、朝もやで有名であり、人気の撮影スポットになっている。新緑と光芒(こうぼう)の組み合わせが多い作品の中で、この作品は夜明けの赤く輝く光がダイナミックで力強く表現されている。カーブを描いた流れと黒い岩の構図が的確で、すがすがしく、深みある色調も良い。(講評:県本部委員長 宮田典彦)

 銀賞「朝模様」 松岡 広実(豊橋市)

蓮の枯れた沼に差し込む朝日が、朝霧にかすむ木々と相まって、奥行きのある風景と静寂さを際立たせ、素敵な作品となっている。(講評:県本部委員 下里隆明)

 銅賞「山頂茶畑」 岡本 邦良(刈谷市)

螺旋構図で美しく丸くなった茶畑、新茶の収穫で働く人物を点景として上手く配したのが良かった。空のブルーと茶畑のグリーンが絶妙なバランスで、爽やかな作品に仕上がっている。(講評:県本部委員 川合 軍)

 銅賞「朝の輝き」 高橋 斉(あま市)

朝陽を受けシルエットに浮かびあがった、大樹の脇を駆け抜ける自転車が印象的である。堤防での撮影で背景がすっきりとして、朝の情景が見事に写し出されている。(講評:県本部副委員長 山﨑 朗)

 入選

「波しぶき染まる」 中村 隆俊(豊橋市)

「惜春」 むらはし 和明(岡崎市)

「故郷の春」 岡島 章(春日井市)

「朝霧の春」 垣見 昌宏(刈谷市)

「ブルーの絨毯」 西 美千代(刈谷市)

「秋雲」 坪内 薫(豊田市)

「明ける」 籏崎 充平(豊田市)

「池の主」 山口 妙子(安城市)

「天空の茶畑」 谷 昇(大府市)

「彩り添えて」 磯貝 美代子(豊明市)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2020/08/08 夏期休暇のお知らせ
本部
2020/04/30 「第60回 この日この時撮影会」は8月23日に延期
本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて



全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413