全日本写真連盟

2017 三重県本部「日本の自然フォトコンテスト」

 自然をテーマにした「2016 三重県本部 日本の自然フォトコンテスト」(全日写連三重県本部主催、朝日新聞社など後援)の公開審査が2017年1月14日、朝日新聞津総局であり、128人から寄せられた475点の応募作から、金賞には水谷寛さん(四日市支部)の「爽秋」が選ばれました。
 金賞について、同本部の坂尾富司委員長は「白樺林と秋の雲のみで印象的な風景をうまく切り取った。この光景を作り上げる作者の感性とプリント技術は見事」と講評しました。


【審査員】
 ▽一次審査               ▽二次審査
  村上 光宏(中部本部委員)       坂尾 富司(県本部委員長)
  渡邊 富嘉(中部本部委員)       溝田 幸輝(県本部副委員長)
  牛場 和美(中部本部委員)       戸田 英義(中部本部委員)
  郡   清至(三重県本部委員)
  嶋岡 恭司(三重県本部委員)

※銅賞までの講評は、いずれも坂尾富司・同県本部委員長によるもの。

▼金賞
「爽秋」 水谷 寛 (四日市)

▼銀賞
「残照」 羽根 俊夫 (はまぐり)

▼銅賞
「絆」 石川 紋也 (津)

▼秀作
「氷中に照らされて」 八幡 浩司 (春陽クラブ)
「孤影」 岩谷 義治 (四日市)
「スポットライト」 植木 政弘 (鈴鹿)
「初冬の虹」 野村 昇 (やまみどり)
「秋の夜明」 坂井 忍 (やまみどり)

▼入選
「逃げ足」 中村 吉宏 (桑名)
「カモの祝福」 加藤 澄子 (桑名)
「夜明け」 川村 春代 (はまぐり)
「星降る刻」 興村 良輔 (四日市)
「水面」 加田 孝子 (三泗フォトクラブ)
「駆ける」 松岡 純子 (三泗フォトクラブ)
「光に染まる」 後藤 三枝子 (春陽クラブ)
「拝み岩と鳥」 國本 三郎 (春陽クラブ)
「幻日の輝き」 辻 隆司 (春陽クラブ)
「干潟の造形」 林 新太郎 (鈴鹿)
「おねだり」 山崎 明教 (鈴鹿)
「雨上がり」 赤塚 正行 (かわの)
「漁夫」 伊藤 隆彦 (かわの)
「枯葉」 落合 修 (津)
「車田」 片山 みさ子 (津)
「憩う」 武田 健一 (津)
「滑走」 田中 正博 (津)
「朝霧」 杉田 勝 (津)
「八幡山から」 芳岡 一智 (津)
「ランチタイム」 村田 元 (久居)
「渚に舞う」 加藤 洋子 (マツサカ四五百)
「空中ランチ」 重盛 嘉美 (マツサカ四五百)
「迷路」 綾野 利勝 (やまみどり)
「お花見」 今井 艶 (やまみどり)
「瀑布」 塩谷 紀生 (やまみどり)

(敬称略、カッコ内は支部名)

 金賞「爽秋」 水谷 寛(四日市)

白樺の樹林と秋の雲のみで印象的な風景をうまく切り取っており、モノクロで表現したこともよかった。雲の形がおもしろくバランスよく配置されており、この光景を作り上げる作者の感性とプリント技術は見事である。

 銀賞「残照」 羽根 俊夫(はまぐり)

大海原をバックにした棚田の夕景がとてもフォトジェニックである。前面にお花畑をあしらい、棚田のパターンも面白く、水面に映る夕焼けも美しい。雄大な風景をすばらしい画面構成でとらえている。

 銅賞「絆」 石川 紋也(津)

子育て中のサギの親子を写した作品である。餌を運んでくる親鳥の口ばしに群がるひな鳥たち。親を待つ子供たちの姿、まさに親子の絆をとらえたシーンであり、人間社会も見習うべきものを感じさせる写真である。

 秀作

「氷中に照らされて」 八幡 浩司(春陽クラブ)

「孤影」 岩谷 義治(四日市)

「スポットライト」 植木 政弘(鈴鹿)

「初冬の虹」 野村 昇(やまみどり)

「秋の夜明」 坂井 忍(やまみどり)

 入選

「逃げ足」 中村 吉宏(桑名)

「カモの祝福」 加藤 澄子(桑名)

「夜明け」 川村 春代(はまぐり)

「星降る刻」 興村 良輔(四日市)

「水面」 加田 孝子(三泗フォトクラブ)

「駆ける」 松岡 純子(三泗フォトクラブ)

「光に染まる」 後藤 三枝子(春陽クラブ)

「拝み岩と鳥」 國本 三郎(春陽クラブ)

「幻日の輝き」 辻 隆司(春陽クラブ)

「干潟の造形」 林 新太郎(鈴鹿)

「おねだり」 山﨑 明教(鈴鹿)

「雨上がり」 赤塚 正行(かわの)

「漁夫」 伊藤 隆彦(かわの)

「枯葉」 落合 修(津)

「車田」 片山 みさ子(津)

「憩う」 武田 健一(津)

「滑走」 田中 正博(津)

「朝霧」 杉田 勝(津)

「八幡山から」 芳岡 一智(津)

「ランチタイム」 村田 元(久居)

「渚に舞う」 加藤 洋子(マツサカ四五百)

「空中ランチ」 重盛 嘉美(マツサカ四五百)

「迷路」 綾野 利勝(やまみどり)

「お花見」 今井 艶(やまみどり)

「瀑布」 塩谷 紀生(やまみどり)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2018/10/29 デジタルカメラ実践講座 増補版 発売中
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413