全日本写真連盟

全日本鉄道写真コンテスト2018

鉄道をテーマにした「全日本鉄道写真コンテスト2018」には36都道府県から204人、783点の応募がありました。審査の結果、最優秀賞に佐藤国利さん(千葉県)の「弾丸列車」、キヤノン賞に品川清一さん(島根県)の「通学路」が選ばれました。入賞作品は8月13日から16日(11時~20時/最終日は18時)まで、大阪市北区梅田2丁目のハービスHALLで展示されます。なお、初日の13日14時より、写真家・森誠氏によるトークショーを開催いたします。是非ご来場くださいませ。

■審査委員長 森誠(鉄道写真家)
■審査委員  林栄之(総本部理事)、山中健次(関西本部委員長)、浅野哲司(関西本部長)

【総評】
 昨年を上回る応募総数。おかげさまで「全日本鉄道写真コンテスト」は第3回を迎えました。
今回は日本を越え国内外の作品も多数寄せられました。レベルの高さや表現内容も様々な中で、時間をかけて審査をさせて頂きました。
今回の審査では会員以外の一般からの応募が目立ちました。特に関東地区からの応募増をはじめ、鉄道スナップといったいつもと違うワクワクする作品も多かったと思います。
しかしながら一部の作品にピントの問題やプリント(用紙)の問題が目立ちました。コンテストへはまずは応募することが大事ですが、自己満足を見てもらうためではないということをしっかりと考えてみましょう。
次回はもっと素晴らしい作品を楽しみにお待ちしております。
今年は大阪・梅田のハービスHALLでの作品展示も楽しみです。
最後に、これからも撮影にはルールやマナーを守り鉄道写真を楽しんで下さい。(森 誠)

■主催 全日本写真連盟関西本部、朝日新聞社
■協賛 キヤノンマーケティングジャパン

 最優秀賞「弾丸列車」 佐藤国利(千葉県)

大胆な空間を使った構図に絶妙な露出、まるで宇宙空間を駆け抜ける新幹線。審査委員全員一致でした。

 キヤノン賞「通学路」 品川清一(島根県)

真っすぐに伸びた線路と、横一列の通学風景が垂直に交わる美しいアングル。日差しもきれいです。

 優秀賞「雪の疾走」 平田芳美(滋賀県)

上りと下りの新幹線が左右対称になった瞬間を見事に捉えています。雪のためモノトーンになったことと、望遠レンズの圧縮効果で、よりインパクトのある作品になりました。

 優秀賞「光の渦に囲まれて」 山田 興亜(広島県)

停留所で客を乗降させている電車と行き交う車のヘッドライトやテールランプの光跡。夜の街の静と動を上手に捉えています。

 入選

「始発列車を待つ駅」 盆子原政司(島根県)

「離合」 小山田祥(神奈川県)

「特急通過」 常峰利次(京都府)

「家路の灯」 勝二達也(大阪府)

「春の雪」 松尾順二(広島県)

「雪にうもれた列車」 樋口哲司(三重県)

「追憶」 玉手恒弘(北海道)

「クレーンのある街」 森井敏光(広島県)

「夕日鑑賞」 若槻健一(東京都)

「新雪を走る」 川上清(広島県)

「快晴」 山本桂子(大阪府)

「ありがとう」 川出尚志(東京都)

「花吹雪」 安岡義之(福岡県)

「なごり雪」 大橋政美(京都府)

「道北の夕暮れ」 渡辺尚作(大阪府)

「朝日差し込むころ」 池田進(埼玉県)

「黄昏に映える」 津村敬(北海道)

「快走」 林知道(神奈川県)

「点検へ出発」 山口正和(大阪府)

「交差」 久家弘子(大阪府)

「秋晴れの車庫」 井上秀昭(大阪府)

「ロケ地に行こう」 森弘美(岐阜県)

「輝く」 山﨑功(茨城県)

「ローカル線」 露木義光(静岡県)

「ディーゼルの響」 武田光司(神奈川県)

「春のスタート」 柳田豊(鹿児島)

「雨上がりの停車場」 木村薫(大阪府)

「カラフル」 平野俊博(広島県)

「通過の一刻」 古佐小孝雄(徳島県)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2019/04/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
本部
2019/02/15 「全日写連」ルールについて
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413