全日本写真連盟

第12回「千葉の自然」写真コンテスト結果発表

今年で12回目を迎えた本年度の「千葉の自然」写真コンテストは、新型コロナウイルス感染拡大が危ぶまれる中、千葉県本部と朝日新聞千葉総局の主催で行われ、千葉県内外の92名の方から293点の昨年より多いご応募をいただきました。その応募作品の審査と講評を、全日本写真連盟関東本部委員の新井 傳氏にお願いして厳正な審査の結果、素晴しい25点の入賞作品が決まり、最優秀賞には、浦安市の加藤爲之さんの作品「朱色の浜辺」が選ばれました。

入賞者一覧表はこちらから

総評 関東本部委員 新井 傳
この度、初めて千葉の自然写真コンテストの審査を担当させて頂きました。昨年の台風15号の猛威の爪痕も一部地域ではまだ復旧が進んでいない中、今年は年初からコロナウイルス感染拡大の影響で、祭りやすべての行事が中止となりましたが、昨年を上回る出品数に、参加した皆様のコロナにも負けずの熱意に感動しました。また千葉の自然を自身で感じ撮った多くの作品が見られました。これからも、コロナの感染拡大に注意をしながら身近な自然を見つけてほしいと思います。

 最優秀賞「朱色の浜辺」 加藤爲之(浦安市)

浮島の夕景を朱色に染まる空と海をドラマチックに表現。穴の開いた岩と沈みゆく太陽の対比も面白い。さらに海鳥の飛翔の位置も効果的で絶妙なタイミングでシャターを切っています。作者の表現意図を実現した作品だと思います。

 朝日新聞社賞「春の公園」 熊切正一郎(いすみ市)

小山に咲く桜、春うららの日に語り合う二人。穏やかな春の情景がコロナ禍の影響でしょうか少々寂しいですね。日常の営みも、モノクロ表現により重みを感じる作品になりました。

 全日本写真連盟賞「利根川星景」 榊 昭治(香取市)

利根川に架かる鉄橋の光跡や川面の灯りを画面下に少なく表現する事で、星空を大きくダイナミックに表現した迫力ある作品です。北極星をこの場所で撮りたいとの願望を持った努力を感じます。

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
21/8/31 フォトアサヒ訂正
総本部
21/7/6 総本部は引っ越しました
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413