全日本写真連盟

第19回 動物公園の四季写真コンテストと撮影会

今年で19回目を迎えた「動物公園の四季」写真コンテストは、年間を通して千葉市動物公園内で撮影した動物、スナップ、園内の四季風景の作品を募集した写真コンテストで、千葉県本部と朝日新聞 千葉総局の主催で、千葉市動物公園と千葉市の後援で行われました。
コンテストの作品募集に先駆けて、梅雨入り前の好天に恵まれた去る6月7日(日)に、支部会員をはじめ多くの動物写真愛好家のご参加をいただき撮影会も行いました。今回の写真コンテストには、13名の高校生を含め多くの素晴らしい作品465点もの記録的な応募をいただき、審査・講評には関東本部委員の鳥居博子先生をお迎えして審査の結果、素晴しい31点の入賞作品が決定しましたので発表いたします。
 なおこの入賞作品の写真展は、7月19日(月)から8月23日(日)まで、千葉市動物公園内の動物科学館で開催されますのでどうぞご観覧下さい。
千葉県本部委員長 村上 宰   「動物公園の四季」担当 並木幹雄(九十九里支部)

 最優秀賞「威 厳」 吉田 充輝(流山市)

 スリランカに生息するカオムラサキラングール(サル科)の表情を上手に撮っています。光線をうまく捉え、背景を暗くなる位置に構えたので毛並みの動きが鮮明になりました。また頭のトップをカットした構図で、目の輝きを強調し、題名のように威厳を感じさせる力作となりました。

 優秀賞1「豪快な水浴び」 杉本 好男(四街道市)

 カモの仲間アカツクシガモ。愛らしい表情に似合わず豪快な動作をしています。少しスローシャッターにしたのが奏効して、動きの少ない作品が多い中で、羽をばたつかせ、水しぶきをあげている所作が生き生きとした動きのある作品となり選出しました。

 優秀賞2「狙 う」 石野 久雄(習志野市)

イヌワシの鋭い眼差しは何を狙っているのでしょうか。一歩間違えると剥製ではと勘違いされる事がありますが、光線を上手く捉え、陰影を出した結果羽根が生き生きし、鋭い眼差し、嘴が強調された作品となりました。

 特選1

「Kiss me」 佐藤 美那子(柏市)

 特選2

「目 力(メジカラ)」 中島 一之(柏市)

 撮影会大賞(アスカネット賞)

「狩の目」 堀越 末次(野田市)

「考える人(?)」 畠中 達二(我孫子市)

「ふれあい」 青山  一(山武郡)

「やんちゃボーイ」 川本  武(浦安市)

「貴婦人」 林  茂男(船橋市)

 千葉動物公園長賞

「夏よ来い」 丹羽 敏憲(茂原市)

 動物公園の四季 春賞

「大池のアイドル」 戸崎 安司(千葉市)

 動物公園の四季 夏賞

「ワ ー つめたい」 横井 俊三(松戸市)

 動物公園の四季 秋賞

「盛 秋」 石川 良彦(流山市)

 動物公園の四季 冬賞

「おねだり」 倉園 博志(木更津市)

 朝日新聞社賞

「恋の季節」 矢田 満雄(四街道市)

 全日本写真連盟賞

「おやつ時」 加藤 良正(大網白里市)

 入選

 高校生の部 優秀賞

「いい気持ち」 馬場 詩織(県立実籾高校)

「色 彩」 平山  凜(県立実籾高校)

「たくさん食べてね!」 島田 陽香(市立千葉高校)

「見つめる」 六戸 亜海(市立千葉高校)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/6/13 第41回「日本の自然」写真コンテストについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413