全日本写真連盟

2023秋季 祇園の舞妓はん撮影会/京都 今熊野観音寺

2023年秋の舞妓撮影会には28府県地方から参加者があり、コンテストには21府県地方本部 出品者80人、出品数370点の応募がありました。 金賞には大森 学さんの「秋を楽しむ」が選ばれました。

<撮影会>
■ 開催日 : 2023年11月28日(火)
■ 会  場 : 京都 今熊野観音寺
■ 主  催 : 全日本写真連盟関西本部・朝日新聞社

<コンテスト>
■審査委員長 北谷  弘 (全日本写真連盟総本部顧問)
■審査員    山中健次 (総本部理事兼関西本部委員長)
■審査員    角田幸子 (京都祇園甲部お茶屋・井政)

◇春・秋の入賞作品の展示◇
写真展 : 祇園の舞妓はん撮影会コンテスト春・秋 
開催日 : 1/17(水)~1/23(火) 終日(最終日は15時まで)
会  場 : 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー13階スカイロビー
       ※期間中常時展示ですが、照明施設がないので日没までのご来場をお勧めいたします

 金賞「秋を楽しむ」 大森 学(島根県)

講評 総本部顧問 北谷 弘
 紅葉もきれいな秋のひととき、銀杏の落ち葉と戯れる舞妓さんの明るい笑顔が目を引きます。またバックの整理を考えて上手くまとめています。

 銀賞「秋にくちづけ」 大川 麻理(東京都)

講評 総本部顧問 北谷 弘
 紅葉の葉っぱが舞妓さんの口元で秋の訪れをつげているようです。そしてやや伏し目の表情が静かな雰囲気で目を引きました。

 銀賞「談笑」 田渕 聰司(兵庫県)

講評 総本部顧問 北谷 弘
 語り合う舞妓さんの笑顔がとても明るく、それぞれの視線が会話を盛り上げているような楽しさを感じました。

 銅賞「もみじの手」 大嶋 英明(大阪府)

講評 総本部理事兼関西本部委員長 山中健次
 右手がそっともみじに触れ、左手が着物をそっと持ち上げています。背景も適度にぼかし、落ち着いた色彩で自然な感じがいいですね。

 銅賞「簪」 齋藤 牧夫(京都府)

講評 総本部理事兼関西本部委員長 山中健次
 木漏れ日が舞妓さんの顔と簪(かんざし)に当たり、意表を突いた作品になっています。下を向いていることで、静かな舞妓さんの雰囲気が出ました。

 銅賞「静かな視線」 藤野 昌隆(福岡県)

講評 総本部理事兼関西本部委員長 山中健次
 もみじに手を伸ばした瞬間を的確に撮影しています。舞妓さんを横から撮影し、暗いバックに入れたことで、印象深くなりました。

 入選

「すてきな落葉見つけた」 畠山 英治(神奈川県)

「乙女心のもみぢ」 左氏 富士雄(神奈川県)

「絶笑」 柘植 忍(静岡県)

「気づかい」 桝井 節夫(愛知県)

「影」 中村 昭夫(三重県)

「秋風」 赤塚 正行(三重県)

「語らい」 中田 正昭(大阪府)

「気遣い」 三喜田 勝彦(大阪府)

「秋の香り」 家 義信(兵庫県)

「帰り道」 北本 千秋(兵庫県)

「あれ見て」 諏訪部 光正(兵庫県)

「秋を愛でる」 三尾 保利(和歌山県)

「言わぬが花どす」 子川 隆(香川県)

「誰でしょう」 長尾 忍(香川県)

「秋色」 谷澤 晃(香川県)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/6/13 第41回「日本の自然」写真コンテストについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413