全日本写真連盟

▶第39回「日本の自然」写真コンテスト【プリント部門】結果発表

朝日新聞社が1983年に行った「21世紀に残したい日本の自然100選」を記念して始まった「いつまでも守り続けたい 日本の自然写真コンテスト」(朝日新聞社・全日本写真連盟・森林文化協会主催、ソニーマーケティング株式会社協賛)は今年、39回目を迎えました。全国から集まった作品は計1万4,727点。プリント応募が対象の[プリント部門]には896人から5,619点の応募があり、「最優秀賞」を含む65点が選ばれました。ウェブ応募の[デジタル部門]には2,164人から9,108点の作品が寄せられ、「最優秀賞 ソニー4K賞」と30歳以下の応募者を対象にした「ソニーネクストフォトグラファー賞」を含む37点が決まりました。風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した作品を通じて、日本の自然の素晴らしさを再発見していただければ幸いです。 

【審査委員】
海野 和男 (写真家)
中村 征夫 (写真家)
福田 健太郎 (写真家)
前川 貴行 (写真家)
米 美知子 (写真家)
坂本 修 (森林文化協会 常務理事)
小林 修 (朝日新聞出版 写真映像部長)
加藤 丈朗 (朝日新聞東京本社 映像報道部長)
中田 徹 (朝日新聞大阪本社 映像報道部長)

主催:朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会
協賛:ソニーマーケティング株式会社
※肩書は審査当時

【プリント部門総評】
 2020年以降撮影の作品に限られた今回、コロナ禍の2年間の行動制限の影響があるのではないかと心配した。しかし、届いた多くの作品から撮影者が自然と向き合い、大切に思う強い気持ちが伝わってくる。上位作品は圧倒的な自然に畏敬の念を抱きながら、自分の視点で挑戦する撮影者の心意気が表れている。
 全体の傾向としては風景より動物写真が多く、特に鳥の作品が多い。カメラの機能向上によって良いシーンの撮影が可能になっているが、既視感のある作品が少なくない。なぜ自然を撮るのかを改めて考えて、撮影者自身のメッセージを込めることが大事だ。毎年気になるところだが、彩度が高すぎる作品が目立つ。自然をシンプルに撮りながらも、ひと味違う着眼点がある作品を目指してほしい。

ソニーマーケティング「日本の自然」写真コンテストページ
巡回展のお知らせ
作品集販売のお知らせ

 最優秀賞「背中合わせ」 平嶋善隆(兵庫県)

親子のクジラだろうか。母クジラに子クジラが心を許して遊んでいるような、甘えているようなしぐさが胸に響く。太陽光が少ない、厳しい撮影条件の中で冷静に撮っている。クジラに近づけるギリギリの距離で迫力あるシーンを捉えた。命のつながりと深い信頼が感じられて、海の広がりと物語が聞こえてくる。

 特選「凝視」 岩織大輔(北海道)

北海道の生態系の中で生きるクマのありのままの姿が表現されている。足裏を見せながら無防備な様子で横になるクマのじっと見つめるような片目に物語が感じられる。手前にある草木の配置もバランス良く、完成度が高い作品だ。危険という印象とは異なるクマの性格が垣間見えるようだ。

 特選「隔たり」 大野健一(埼玉県)

インパクトが強い不思議な写真。どう撮ったのか、すぐには理解できない面白さがある。無風の状態ゆえに撮れた1枚だ。わずかな違いで写真が大きく変わることを教えてくれる。人工物が入り込むと自然の撮影は難しいが、この場合は良い脇役になって写真を引き立てている。

 特選「春の香」 鈴木豪(東京都)

撮影者は利尻島に9日間滞在し、1日だけ天候に恵まれた。作品は夕日に照らされ、非常に美しい利尻山の幻想的な光景だ。急峻な地形と風が吹き雪煙が舞う山の様相は大地の叫びのようでもあり、荘厳な山の緊張感と太陽光はドラマチックな自然の表情を一層強めてくれる。

 朝日新聞社賞「麦秋の丘陵」 佐藤直也(青森県)

北海道美瑛町の丘陵風景はフォトジェニック。曲線的でなだらかな土地の特徴をうまく捉えた構図は完璧。麦のディテールも面白く、働く2人の動きと位置も絶妙だ。丹精込めて、労力を惜しまず作物を育てている人への敬意と人間賛歌を感じさせる1枚だ。

 森林文化協会賞「橅林燦燦」 高橋徹(新潟県)

森の躍動感がみなぎり、1日がこれから始まるようなすがすがしい写真。朝の霧の入り方と光の強さが相まって黄金色が美しい。シルエットの部分を少なくすることで、爽やかな希望にあふれた作品になった。作品内容とプリントの質がマッチしているのも好印象だ。

 全日本写真連盟賞「秋霖に煙る山で」 秋山ゆき子(東京都)

実りの秋が終わるよ、寒い冬が来るよと上を向いたエゾユキウサギが独り言を発しているような雰囲気。山の中腹まで紅葉している背景を切り抜き、生息環境と季節感がうまく入り込んだ。ウサギの姿に合うタテ位置の構図が効いている。重い機材を背負って、山に登りながら好条件を上手に捉えた作品。

 優秀賞「幽谷の金瞳」 尾坂昌紀(北海道)

 優秀賞「田園の朝」 日野諗(山形県)

 優秀賞「巨大な雷光」 榊昭治(千葉県)

 優秀賞「アレチウリとウリハムシ」 久保田敏(東京都)

 優秀賞「亀裂の劇場」 横田有香子(東京都)

 優秀賞「いざ大海へ」 谷口常雄(神奈川県)

 優秀賞「大兄弟」 青山益登(長野県)

 優秀賞「社に潜む」 馬場景子(大阪府)

 優秀賞「暮色」 中塚正春(香川県)

 優秀賞「竹林の誉れ」 篠原真弥(高知県)

 入選

「いない、いない、ばぁ」 出口大芳(北海道)

「月夜に咲く」 浅野良(福島県)

「ある日、森の中」 佐藤宏樹(千葉県)

「ハーイ、ごはんですよ~」 砂川静(千葉県)

「育む海」 秋本哲志(東京都)

「新雪」 増田晋一(東京都)

「カルガモ親子の日向ぼっこ」 荒引敏夫(神奈川県)

「夏の小笠原に新たな生命」 木戸寛之(神奈川県)

「花粉採取」 根来尚(石川県)

「給水」 南百瀨勇(長野県)

「海中ネオン」 鈴木小百合(静岡県)

「故郷の花」 加藤利光(静岡県)

「崇拝」 原野大(大阪府)

「伊根満開」 中島威(兵庫県)

「薄氷の花びら」 藤川豊子(広島県)

「出撃待機中」 有澤豊(高知県)

「小春日和」 加藤克己(福岡県)

「燃ゆる薩摩富士」 中川湧輝(鹿児島県)

「天使の羽」 吉行秀和(鹿児島県)

 北海道一賞

「お主、何奴!」 西岡尚央(北海道)

 青森県一賞

「朝の散歩道」 瓜田英司(青森県)

 岩手県一賞

「里山」 村上吉秋(岩手県)

 秋田県一賞

「山の恵を求めて」 坂本誠(秋田県)

 福島県一賞

「子育て中」 鳥海陽太郎(福島県)

 茨城県一賞

「筑波ロール」 田丸ハルヒコ(茨城県)

 埼玉県一賞

「雪の武甲山」 中野正芳(埼玉県)

 千葉県一賞

「遅明」 増淵良昭(千葉県)

 東京都一賞

「日向ぼっこ」 千代隆之介(東京都)

 神奈川県一賞

「天女のハゴロモ」 梅津義英(神奈川県)

 新潟県一賞

「春うらら」 弥田正蔵(新潟県)

 長野県一賞

「ブルーモーメント」 篠原慎平(長野県)

 岐阜県一賞

「台風接近中」 酒井康成(岐阜県)

 愛知県一賞

「挘る」 戸塚由美子(愛知県)

 三重県一賞

「実りの秋」 梁井英雄(三重県)

 滋賀県一賞

「輝く氷塊」 八田一徳(滋賀県)

 大阪府一賞

「前が見えないよ」 横山周作(大阪府)

 兵庫県一賞

「華海輝く」 森垣雅則(兵庫県)

 和歌山県一賞

「静かな恋」 一瓢(和歌山県)

 島根県一賞

「乱舞」 藤江松男(島根県)

 岡山県一賞

「夕映え」 仁科宜洋(岡山県)

 広島県一賞

「静寂」 杉岡常久(広島県)

 山口県一賞

「光の誘い」 谷野隆(山口県)

 愛媛県一賞

「小さな花筏」 大高久昌(愛媛県)

 高知県一賞

「沖の相棒」 田村昌之(高知県)

 福岡県一賞

「無謀な挑戦」 長吉秀(福岡県)

 熊本県一賞

「冬支度」 石井高雄(熊本県)

 大分県一賞

「朝霧の舞台」 池田新一(大分県)

 沖縄県一賞

「子宝」 有山誠(沖縄県)

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
18/10/29 デジタルカメラ実践講座増補版 発売中
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413