全日本写真連盟

第16回甲信越写真サロン結果発表

第16回「甲信越写真サロン」写真コンテスト
審査講評 写真家・全日写連関東本部委員 小林紀晴

総評
長野、新潟、山梨の方の作品を拝見しました。今回、感じたのは土地が持っている場の力の強さについてです。魅力ある被写体がたくさんある地だからです。身近にあるものを繰り返し撮影することほど強いものはありません。是非、足元の続きを、これからも新たな目線で撮影してください。

主催:全日本写真連盟甲信越ブロック・朝日新聞社
協賛:㈱ニコンイメージングジャパン・エプソン販売㈱サンディスク㈱・ベルボン㈱

 朝日大賞「漁師の役徳」 樋口紘一郎(新潟県)

葛飾北斎が描く世界を連想しました。大胆な切り取り方、ある部分を極端なまでに強調する構図などが重って思えたからです。落下する花火が画面の多くの部分を占めています。その下には海。そして浮かぶ船。あたかも船に火の粉が降り注ぐかのようです。静的でありながら、動的です。

 朝日新聞社賞「風雪の浜」 中村重敏(新潟県)

一艘の船が雪の中に佇んでいます。けっして海の上ではなく陸です。ストロボを上手に使い、あたかも雪のなかを船が疾走しているような錯覚をおぼえます。雪が海に見えてくるから不思議です。モノクロでの表現も内容にあっています。

 全日本写真連盟賞「山村の少女」 和木勇夫(新潟県)

何気ないポートレイトですが、強烈な印象がおぼえます。てらいない撮り方だからこそ、凛とした姿が映えます。少年かと思えば少女でした。時間や時代を超えた普遍的で根源的な美しさがここにはあります。

 優秀賞「猟師の里」 弥田正蔵(新潟県)

雪の上に横たわっているのはイノシシの毛皮のようです。そこに猟犬が一匹。少しばかりドキッとさせられます。毛皮、雪、犬、そして背後の民家。それぞれの関係が静かに反響しあっています。場所がもつ力について考えさせられます。

 優秀賞「白鳥」 若林隆治(新潟県)

冬の白鳥を撮影した作品は多く目にしますが、この作品は一味違いました。広角レンズで捉えたことで、より情感を感じさせます。「遥か遠くへ」という言葉が自然と頭に浮かびました。逆光の難しい光も見事にコントロールしています。

 特選

「好奇心」 小林七重(新潟県)

「青春の雄叫び」 永嶋肇(新潟県)

「墓参」 小坂幸平(新潟県)

「盆の送り灯」 佐藤権(新潟県)

「錦秋を求めて」 内藤裕子(新潟県)

 準特選

「化粧」 髙野栄子(新潟県)

「道祖神火祭り」 小島寛明(新潟県)

「光の共演」 須田孝子(新潟県)

「冬野菜畑」 渡辺清一(新潟県)

「宵の舞い始め」 松浦昭宏(静岡県)

「オブジェ」 田澤哲(新潟県)

「追憶」 吉田照人(長野県)

「氷柱のアート」 平林光行(長野県)

「BRT行く」 樋口トキ(新潟県)

「湿原」 高田謙(大阪府)

 入選


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413