全日本写真連盟

「フォトハイキング」でコンテストを初開催 羽根和子さんが金賞に! 

写真教室を兼ねた県本部主催の恒例行事「フォトハイキング三重」で初の写真コンテストが開かれ、12月16日、朝日新聞津総局で公開審査があった。県内外の101人から422点の力作が寄せられ、金賞には羽根和子さん(はまぐり支部)の「夕涼み」、銀賞には伊藤睦代さん(88支部)の「ひととき」、銅賞には牧戸勲さん(名賀)の「出番前」がそれぞれ選ばれた。
審査には坂尾冨司県本部委員長、溝田幸輝同副委員長、矢田新男、渡辺富嘉中部本部委員、近藤茂樹県本部委員の5人があたった。
今年度のフォトハイキングは、桑名市の石取祭(8月6日)と亀山市の関宿街道祭り(11/5)で開催し、隣県の会員らも多数参加した。

入賞者は次のみなさん。(カッコ内は支部名。上位3賞の講評は、いずれも坂尾富司県本部委員長 )





 金賞「夕涼み」 羽根和子(はまぐり)

祭り提灯の明かりに照らされた親子が夕涼み。母の腕に抱かれて眠る幼子が気持ちよさそう。遠くには、石取祭の山車提灯が灯り、やかましい鐘の音が聞こえてきそうで、夜祭の雰囲気をうまく醸し出しており、構成も見事である。

 銀賞「ひととき」 伊藤睦代(88)

お揃いの浴衣姿に藤紫和傘、アイスクリームを頬張る若い二人の女性のしぐさが魅力的である。また単純化された黒バックに二人の女性を浮かび上がらせた撮影技量はすばらしい。

 銅賞「出番前」 牧戸 勲(名賀)

出番前の着物に袴姿の女性を捉えた写真であるが、口に何かをくわえ、手に何かを持っている。何となく惹きつけられそうな雰囲気があり、一風変わった写真に仕上げた感性がおもしろい。

 入選

「主役」 位田郭一(はまぐり)

「晴姿」 羽根俊夫(はまぐり)

「手遊び」 伴 平蔵(はまぐり)

「語らい」 興村良輔(四日市)

「ひとやすみ」 水谷 寛(四日市)

「仲よし」 松岡純子(三泗フォトクラブ)

「ファミリー」 上川 登(鈴鹿)

「我家の山車」 植木政弘(鈴鹿)

「なかよし兄妹」 坂倉美智子(さつき)

「これ、みてー」 山脇佳世子(さつき)

「陽光」 伊藤隆彦(かわの)

「お出かけ」 松本佳治(かわの)

「粋な二人」 梁井英雄(かわの)

「いそげー」 山川充子(かわの)

「ハプニング」 荒木正宏(津)

「ぼくの祭り」 木村正美(津)

「笑い」 内山 修(本城)

「まつりの日」 太田邦郎(本城)

「結ぶ」 服部 進(本城)

「ご挨拶」 増木和典(本城)

「少女」 森下喜美子(本城)

「ひとやすみ」 中林和男(清流伊勢)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413