全日本写真連盟

「第35回佐倉朝日健康マラソン大会」写真コンテスト結果発表

今年で35回目を迎えた「佐倉朝日健康マラソン大会」が、佐倉朝日健康マラソン大会実行委員会と朝日新聞社の主催で、去る3月27日(日)晴天に恵まれて行われました。全日写連千葉県本部が、今年もこの大会をテーマとした写真コンテストを行い、多くの作品の応募をいただき、関東本部委員の深井勝己氏に審査と、講評をお願いして素晴らしい入賞作品が決まりましたので発表します。
 このマラソン大会当日は、佐倉市岩名運動公園を発着点として、自然を代表する印旛沼沿いを、フルマラソンと、10㎞マラソンで駆け抜けたコース上には、春の訪れを実感させてくれる桜並木や、異国情緒豊かなオランダ風車、のどかな田園風景、昔ながらの町並みなど風情ある眺めが広がり、今年も魅力的なマラソン大会でした。
【総評】
マラソン大会は毎年各地で行われていますが、今年はオリンピックの代表選手を決めることも話題になりました。メダル選手の思いもあり、この写真コンテストも35回目を迎え、応募作品数は昨年同様でしたが、素晴らしい作品が多く見られ、嬉しい思いでした。

 最優秀賞「水が゙うまい」 佐藤 美那子(柏市)

 スタートから快走してきたランナーが給水所に近づき、喉を潤すためにコップを受け取り、水分補給をするランナーの表情が素晴らしく、心温まるチャンスを捉えた瞬間が伝わる写真となりました。

 優秀賞「自分の限界だ」 小林 岩男(八千代市)

 走り続けてきたランナーがゴールを目差し、後から追って来る選手を気遣いながら、空を見上げて力一杯完走した表情が素晴らしく伝わってきます。

 優秀賞「手厚いケア」 吉田 充輝(流山市)

 力走してきたランナーが、足に疲れを感じて動けなくなり、救護班の女性から痛みを抑えるための治療をしてもらっている表情に、緊張感が感じられます。

 特選「父さん・ゴールだ!」 大曾根 喜一郎(いすみ市)

 特選「笑顔でタッチ」 王子田 良二(佐倉市)

 佐倉市長賞「応援に押されて力走」 梅澤 秀年(佐倉市)

 特別賞

「大丈夫ですか」 下笠 幸四郎(八街市)

「第2関門」 宮下 尚禧(佐倉市)

「絆で完走」 石野 久雄(習志野市)

「ストレッチ」 正法地 健(船橋市)

「頑張ろうね」 佐々木 香澄(佐倉市)

 入選


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/10/05 会員限定オンラインプリントサービスのお知らせ
本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413