全日本写真連盟

第34回 「日本の自然」写真コンテスト結果発表(一般部門)

 「いつまでも守り続けたい日本の自然」をテーマに、今年で34回を迎えた「日本の自然」写真コンテスト(朝日新聞社・全日本写真連盟・森林文化協会主催、ソニーマーケティング株式会社協賛)。プリント作品を対象とした「一般部門」には、5947点の応募があり、入賞・入選作83点が選ばれた。昨年新設された30歳以下からウェブで作品を募る「スペシャル部門」には、昨年の2倍を超える1629点が寄せられ、最高賞「ソニーネクストフォトグラファー賞」など26点が決まった。

■審査委員(一般部門・敬称略)
中村征夫(写真家)
福田健太郎(写真家)
前川貴行(写真家)
吉野信(写真家)
米美知子(写真家)★4K賞も
大野明(朝日新聞東京本社映像報道部長)★4K賞も
小林正明(同大阪本社映像報道部長)
佐々木広人(アサヒカメラ編集長)
ソニーマーケティング株式会社★4K賞のみ

■総評(一般部門)
 動物写真のバラエティーが豊富になり、生命、生きものの姿を巧みに描写した作品が増えた。動物の次の行動を読みながら、辛抱強くシャッターチャンスを待った力作が目立った。特に最優秀賞のような鳥のいい写真、それも一羽でなく、数羽がからんだ作品はなかなか撮れるものではない。
 その半面、風景写真が弱かった。定番の撮影地ばかりで、見てすぐあそことわかってしまう。「残したい」というテーマにふさわしい写真は少なかった。カメラがよくなって何でも写るようになり、これまで風景写真を主に撮っていた人が、動物写真にくら替えしているのかもしれない。また毎年指摘される過剰な画像処理は相変わらずで、せっかくいい写真を撮っているのに選に漏れたものが多かった。


ソニーマーケティング「日本の自然」写真コンテストページ
巡回展のお知らせ
作品集販売のお知らせ

 最優秀賞「三兄弟」 笹尾 敏子(神奈川県)

アオサギのヒナの並び方がシンメトリックにバランスがとれた画面構成で、なおかつ力強い。成長の次の段階を予感させる。こうなるであろうという予測のもとにアングルを決めて、ひたすら待っていたのだろう。その根気強さが作品に表れている。

 中村征夫賞「GOGO! ゴッコ!」 岡田 弓子(東京都)

ホテイウオが大きなおなかを引きずるように岩のくぼみでの産卵に向かっている。産卵した卵はオスが守る。産卵後、やがて死んでいくというホテイウオの一生が終わる直前をドラマチックにとらえた。大きなおなかの写真は珍しく貴重だ。

 前川貴行賞「親子」 上野 純(東京都)

 数少ない固有種であるニホンカモシカ。一見地味な写真だが、親にも子にもしっかりピントが合い、草をはむ子供のちょっとした動きもしっかりとらえた写真だ。もう少し近づくと逃げそうな、ギリギリの距離で撮っているのがいい。

 福田健太郎賞「梅花藻の咲く頃」 露木 義光(静岡県)

梅花藻は清らかな水の環境の中で育つ水生植物。ローポジションで撮ることで、太陽に向かって開く花と、青い空、白い雲、そして戯れる子どもたちも写し込んでおり、「残したい風景」と素直に思える。

 吉野信賞「風物詩・力くらべ」 関 紀昭(東京都)

なわばり争いしているバンのポーズがいい。水面で追いかけっこをすることはあるが、向き合って蹴り合う写真は珍しい。デジタルカメラだからこそ撮れる写真だが、観察力がないとできない。

 米美知子賞「さくらを愛でる」 湯田 今日男(宮城県)

ひと目見てとにかく可愛い。サクラの花は小さいので、リスとよく似合う。両手に花を持っているリスのうれしさ、幸せさが伝わってくる。すばしっこい動きを、いい角度でしっかり写し止めている。

 朝日新聞社賞「残雪の行進」 澤井 俊彦(東京都)

 冬眠中に産んだ子熊を連れて歩くツキノワグマだが、雄大な雪渓をバックにする構図で、悠然として日本と思えないような写真だ。ストーリー性も感じさせる。よく縦位置で撮ったものだ。

 ソニー4K賞「朝の光」 小林 一夫(茨城県)

早朝の朝露をまとったタケノコを主役にして、朝のすがすがしさだけでなく、重厚感も感じさせ、爽やかだが力強い作品になっている。4Kテレビで見ると、透過光ならではのシャドー部のディテールがよく出ている。

 優秀賞

「厳寒に生きる」 金澤 弘治(北海道)

「幻冬の追想」 福田 修逸(青森県)

「アモーレ」 村上 勇一郎(宮城県)

「春虹」 鈴木 彦三(福島県)

「愛のキャッチボール」 小山田 久(福島県)

「悠久の刻」 髙木 實(埼玉県)

「牡蠣棚の小宇宙」 粕谷 徹(神奈川県)

「黄昏」 朝井 美紀子(長野県)

「春景」 大嶋 武夫(愛知県)

「厳冬の贈り物」 伊藤 貞幸(三重県)

「魚の棲む街」 冨弥 充(大阪府)

「神域の鹿」 山中 健次(和歌山県)

「はいポーズ!」 吉岡 直樹(島根県)

「原生林のヤマシャクヤク」 門田 勝一(高知県)

「晩秋霜日」 武谷 明(福岡県)

 入選

 北海道一賞

 青森県一賞

 岩手県一賞

 山形県一賞

 福島県一賞

 茨城県一賞

 栃木県一賞

 埼玉県一賞

 神奈川県一賞

 新潟県一賞

 富山県一賞

 福井県一賞

 山梨県一賞

 長野県一賞

 岐阜県一賞

 愛知県一賞

 三重県一賞

 京都府一賞

 大阪府一賞

 兵庫県一賞

 和歌山県一賞

 鳥取県一賞

 岡山県一賞

 山口県一賞

 広島県一賞

 香川県一賞

 徳島県一賞

 高知県一賞

 愛媛県一賞

 福岡県一賞

 大分県一賞


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内
本部
2016/07/26 ケンコー・トキナーとのコラボ商品の紹介


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413