全日本写真連盟

能登半島地震 会員被害状況

1月1日に発生した令和6年能登半島地震により犠牲となられた方々に心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。被災地域のみなさまの安全確保、そして一日も早い復旧・復興を衷心よりお祈り申し上げます。
 全日本写真連盟では、地震発生後に石川県本部(会員数35人)の山口髙文委員長と連絡をとり、被害状況を確認しました。山口委員長はお正月ということで、金沢市の自宅でお孫さんらとともに過ごしていたところ、強い地震にみまわれたそうです。大人たちは家具や積まれた段ボールを押さえる一方、子供たちは机の下にもぐるなどして揺れが収まるのを待ちました。幸いにもご親戚を含めてけが人はなかったそうです。ご近所では瓦が落ちたり、液状化現象が起きたりするなどの被害があったそうですが、断水や停電は起こりませんでした。ただ、余震による不安な日々が続いているようです。
 会員が多く住む金沢市付近では比較的被害が少なかったようでしたが、甚大な影響が出た能登半島中部・北部の会員には北陸ブロック長の谷口晃隆さんがいち早く連絡を取っていただきました。ブロック塀などが崩れるなど建物に被害が出たほか、断水が続いている地域が一部あるようです。
 震度6強の揺れがあった七尾市に住む会員宅が全壊したことが分かりました。事務局では会員の携帯電話と連絡を取り、状況を知らせて頂きました。事務局からお見舞金を送らせていただきます。
被害を受けられた皆様の安全と1日でも早く平穏な生活に戻られますことを心よりお祈り申し上げます。

今回の地震で被害にあわれた方の救援金は朝日新聞厚生文化事業団で受け付けています。(2月29日迄)
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

関連リンク

朝日新聞厚生文化事業団

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
24/1/24 第84回国際写真サロンについてのお知らせ
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2022/08/01
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413