全日本写真連盟

第35回「日本の自然」写真コンテスト表彰式開催


第35回「日本の自然」写真コンテスト(朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会主催、ソニーマーケティング株式会社協賛)の表彰式が7月7日、東京・築地の朝日新聞社であり、「プリント部門」76人と今年から年齢制限を外した「デジタル部門」31人の入選・入賞者のうち、計39人が出席した。
 プリント部門の最優秀賞「貯食に大忙し」を受賞した北海道留萌市の佐藤圭さんは、「何日も前に入ったが、強風でナキウサギの姿がなかなか見つからなかった。ある日、ナナカマドの葉をくわえ、岩の下の貯食場に運ぶのが見えた。この日は一日中、同じ岩に運んでいて、岩の下をスルスルと駆け抜ける際、回に1回の割合でジャンプしていた。数枚撮り、その中で表情や光線状態、くわえ方のバランスが一番かわいい写真を選んだ。次の日はジャンプをしてくれなかったので奇蹟のジャンプに感謝したい。これからもみなさんに感動していただけるような写真に挑戦したい。最後にいつも応援してくれるうちの奥さんに感謝します」と喜びとを語った。
 審査委員を代表して大野明・朝日新聞東京本社映像報道部長は、「今回で35回目となる同コンテスト、美しい風景は全国的に撮り尽くされた感がある中で、どういう作品が審査に残るか。圧倒的な自然の前で、撮らされてしまう、なんとなくあいまいなまま撮る、というのではなくもう少し踏み込んで、明確なねらいがあるものが選ばれる。今回の上位作品のどれもが感動の中心を突き詰めている。ねらいが明確でないと、なかなか写真にならない。そこで後処理でなんとかしようとするがむずかしい。後処理でエネルギーを使うより、現場で楽しみながら撮影したい。カメラを持って現場に立つ喜びを仲間のみなさんにも広げてほしい。」と結んだ。

最優秀賞を受賞した佐藤圭さん
デジタル部門最優秀賞ソニー4K賞を受賞した大野泰之さんに話を聞く審査員の前川貴行さん
ソニーネクストフォトグラファー賞を受賞した長尾岬生の話を聞く審査員の福田健太郎さん

全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2018/12/26 年末年始休業日12/27~1/6
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413