全日本写真連盟

第82回国際写真サロン

第82回国際写真サロン応募要項

日本から世界へ、世界から日本へ

あなたの挑戦を待っている!

ウェブ応募の30歳以下部門も募集


Online Entries Begin Now!【Use this link to enter.】
*Regardless of nationality, anyone living overseas is eligible to enter .
*English application guide can be downloaded at the bottom of this page

応募期間 8月1日(日)~10月31日(日)必着

[審査委員]
審査委員長 田沼武能(全日本写真連盟会長、写真家)
安珠(写真家)
榎並悦子(写真家・全日本写真連盟関東本部委員)
佐藤時啓(東京芸術大学美術学部教授、写真家)
白鳥真太郎(日本広告写真家協会会長、写真家)
朝日新聞社、全日本写真連盟関係者

[国内部門/海外部門]
審査委員特別賞 6点  賞牌、国内副賞:キヤノンオンラインショップクーポン(3万円)
 ※キヤノンオンラインショップでのみご利用頂けます。
入選 94点  賞牌
●審査委員特別賞 6点内訳(国内 3点、海外 3点)、入選 94点内訳(国内42点、海外52点)

[U30 (30歳以下)部門](日本国内に居住する1990年11月1日以降に生まれた方が対象です)
最優秀賞  1点 賞牌、国内副賞:キヤノンオンラインショップクーポン(1万円)
 ※キヤノンオンラインショップでのみご利用頂けます。
入選    5点 賞牌

●U30部門の応募は専用サイトからのアップロードに限ります。プリントは受け付けません。
●U30部門の応募料は無料です。
●U30部門の応募点数は 1人5点まで。作品データは返却いたしません。

U30(30歳以下)部門はこちらから応募して下さい

[主 催] 朝日新聞社 全日本写真連盟
[全日本写真連盟ホームページ] https://www.photo-asahi.com
[展覧会]全国を巡回展示(予定)



[応募資格]
●プロ・アマチュア問わず、どなたでも応募できます。

[応募規定・注意]
●テーマは自由です。独創性と芸術性に富む作品を期待します。
●応募者本人が撮影し、著作権を有するオリジナル作品とします。
●合成・加工・変形した作品の応募も可能です。
●既発表の作品や他のコンテストに入賞した作品なども応募できますが、そのコンテストの募集要項等に違反する場合はご遠慮下さい。
●応募作品の既発表歴(コンテスト(媒体)名、賞名、入賞年度他)は、応募票の指定欄にご記入下さい。
●カラーまたはモノクロプリントの単写真(組写真、パネル、台紙貼り不可)。
●応募票(コピー可)に必要事項を記入し、他の作品と貼りつかないように作品裏側中央に貼って下さい。
●デジタル出力作品は、十分に乾燥させてから応募して下さい。
●作品保護のため透明袋に入れ、テープ使用の際は作品にテープ汚れがつかないよう注意して下さい。

[応募点数]
●会員(ウェブ会員含む)は15点まで、一般・30歳以下の学生は10点まで。

[応募サイズ]
●A4サイズのみ(余白・余黒を含む)。※四切、ワイド四切、半切、A3は応募できません

[応募料]
●応募点数にかかわらず、会員(ウェブ会員含む) 2,000円、一般 4,000円とします。
●小為替、現金は受け付けません。
●30歳以下の学生は無料
(正式校名を記入。学校写真部で応募の場合のみ、顧問名も記入)。

[作品返却]
●入賞作品は返却いたしません。選外作品の返却は有料です。応募票の返却希望「有」にチェックを入れ、
 返却料1,500円(1人)を応募料とあわせてお振込み下さい。
●結果発表後に返却します。(2022年2月下旬以降に返却予定)
●学校応募の方はの返却はいたしません。
●審査の過程で作品に損傷等が生じる場合があります。ご了承下さい。

[支払い方法]
●ゆうちょ銀行からの振込にかぎります。
●作品の中に現金・小為替や領収書を同封しないで下さい。
●ゆうちょ銀行の振込通信欄に
①「第82回国際写真サロン応募料」 ←必ずご記入下さい。
②「お名前・ご住所」、会員(ウェブ会員含む)は「会員番号」、一般の方は「一般」、学生は「正式校名」を記入。
③返却希望の場合は「返却料含む」と明記の上、
 下記の口座番号にお振込み下さい(振込料はご負担下さい)。

加入者名:全日本写真連盟 
口座記号番号:00170-3-504616

[入賞発表]
●入賞者には、2022年1月下旬頃までに直接通知予定です。(選外通知はいたしません。ご了承下さい)。
●朝日新聞紙上と全日写連の会報誌「フォトアサヒ」、全日写連HPで結果発表します。(2022年2月上旬予定)

[入賞後のデータ提出について]
審査委員特別賞の入賞者のみ、展示作品制作のため、作品データを提出していただきます。作品データをCD-R等に記録して提出。ネガ、ポジフィルムで撮影の場合、データ化したものを提出。提出いただいた素材、記録メディアは返却いたしません。

[全日写連ウェブ会員のご案内]
全日写連HPからウェブ会員登録すると、本コンテストを会員料金で応募できます。
https://www.photo-asahi.com/membership/register/

【あて先】
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社
全日本写真連盟「国際写真サロン」係
TEL.03-5540-7413
ajaps@photo-asahi.com

[表彰式]
朝日新聞東京本社で開催予定

[作品集]
全入賞作品を収めた作品集を2022年3月頃発行予定

[注意事項]
[応募にあたって]
●新型コロナウィルスの状況の変化により、審査、表彰式、展示会等が予定通りに進行できない場合がございます。
■肖像や著作物など、他人が権利を有するものを利用した応募作品については、事前に 使用許諾承認を得て下さい。第三者から権利侵害や損害賠償などの苦情、請求、異議申し立てがあった場合、応募者がすべて対処し、主催者に一切迷惑をかけないもの とします。
■募集要項に違反すると主催者が判断した場合、発表後であっても受賞取消しなどの措置を取ることがあります。
■作品の取り扱いには細心の注意を払いますが、主催者の責めによらない作品の損傷、紛失等について主催者は責任を負いません。
■入賞作品(失格・辞退作品含む)は返却いたしません。
■応募料の返金はいたしません。
■応募作品の追加・差し替えはできません。
■応募作品、審査結果に関するお問い合わせには応じられません。

[個人情報の取り扱いについて]
■応募者の個人情報は、応募者への問い合わせ、受賞通知、選外作品の返却、作品集の 送付及び主催者・協賛会社が開催するイベントやコンテストの案内などに利用されます。また、受賞者の氏名と住所(都道府県または市町村名まで)、受賞作品の紹介・ 利用の際に表示されます。
■応募者のメールアドレスは、協賛会社が発行するメールマガジン配信及び主催社からの連絡目的で使用いたします。

[受賞作品の使用について]
■受賞作品の著作権は応募者本人に帰属しますが、朝日新聞フォトアーカイブに収蔵され、主催者・協賛会社は、自ら発行、管理・運営または主催する新聞・ウェブサイト 等の媒体、作品集、展示会、施設などにおいて、受賞者の許諾を要することなく無償 で利用できるものとします。また、主催者・協賛会社は、本コンテストの宣伝・広報 のために各種媒体への掲載、各種イベントにおいての展示・公開、ウェブサイトでの 閲覧、複製を第三者に再許諾することができるものとします。朝日新聞フォトアーカ イブでは、2次利用を希望する報道機関、会社などの法人・団体に受賞作品を有償で 提供します。その際、撮影者には所定の料金をお支払いいたします。所定の料金は、 原則として当該 2次利用から得た利用料の半額とします。

応募要項(日本語)

application guide(English )

全日本写真連盟からのお知らせ

総本部
21/10/1 全日本写真展2021
総本部
21/8/31 フォトアサヒ訂正
総本部
21/7/6 総本部は引っ越しました
総本部
19/4/26 初心者向け公式写真撮影ガイドブック発行
総本部
19/2/15 「全日写連」ルールについて
EPSON

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies
contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413