全日本写真連盟

第24回朝日四国写真展

第24回朝日四国写真展の公開審査会が11月5日高知県南国市で開催されました。四国四県の各本部所属会員・個人会員・一般を合わせ174名から756点の応募があり、総本部理事・富田健治氏、関西本部委員長・山中健次氏、関西本部長・小林正明氏の3名により慎重に審査された結果、朝日新聞社大賞には香川県の城上智子さんの「集中」、アサヒカメラ賞には徳島県の秋山修一さんの「一休み」が選ばれました。 審査終了後,上位入賞作品については,審査員3人が1点ずつ講評されました。入賞27点及び入選作品50点は,本年12月中旬から来年3月中旬にかけて各県本部における巡回展で展示されます。

 朝日新聞大賞「集中」 城上智子(香川県)

器(うつわ)創りに真剣な眼差しで取り組む少女、制作中にハプニングが発生し、懸命に修正に励む精神力が伝わってきます=富田健治

 アサヒカメラ賞「ひと休み」 秋山修一(徳島県)

農作業の手を休め、休憩する夫婦。仲睦まじく笑顔で語り合う微笑ましい姿をチャンス良く纏めた作者の感性は見事です=富田健治

 徳島県知事賞「一人旅」 喜多昌弘(徳島県)

窓に映る女性の無表情さ、投げ出した脚にアンバランスな五本指ソックス、どんな旅なのか思いが広がる写真です。モノクロ表現が効果的です=小林正明

 高知県知事賞「銀河への旅立ち」 北村健三(高知県)

暮れ行く頃、明かりを灯し列車が走る。星空と雲に変化を持たせた幻想的ムードの中、夢乗せて旅立つイメージ感が漂う=富田健治

 愛媛県知事賞「黄色い歩道橋」 小泉次郎(愛媛県)

3カ所の歩道橋を黄色い傘を差して渡る児童たち。発見の目と撮影位置が抜群の作です=山中健次

 香川県知事賞「あと少し」 柴田浩(香川県)

男性の手を握り火渡りの男性を援助する修験者。シンプルで心温まる作品です=山中健次



 朝日放送賞「霧の中」 橋本勝(徳島県)

地面に落ちた花の赤と木の緑の対比がいいですね。奥への広がりがあるところに、立ちこめる霧が幻想的です。静寂さに引き込まれる作品です=小林正明

 関西本部長賞「水面に浮かぶ」 松原博(愛媛県)

よく応募される被写体ですが、船の位置、画面構成がいいですね。雨雲が効果的に全体を引き締めてひと味違った作品に仕上がっています=小林正明

 徳島県本部長賞「猫と暮らす」 岡本早苗(徳島県)

 高知県本部長賞「躍動」 井上雅次(高知県)

 愛媛県本部長賞「仲良し」 河合皓吉(愛媛県)

 香川県本部長賞「教えてっじいちゃん」 岡田伸枝(香川県)

 特選

「四国遍路旅」 鳴滝久照(愛媛県)

「惜春」 多田功(愛媛県)

「魔女の宅急便?」 市川恭子(高知県)

「伝承」 中塚正春(香川県)

「不安な裏方さん」 板東泰雄(徳島県)

 奨励賞

「静寂」 藤井輝政(愛媛県)

「笑顔」 芝﨑静雄(愛媛県)

「卒寿の春」 太田和子(高知県)

「離さない!」 久保田征子(高知県)

「彼岸の詣で」 中島年久(高知県)

「孤独」 山田洋子(香川県)

「一服」 大口年昭(香川県)

「赤と黒」 小野早苗(香川県)

「狙う」 井上憲治(徳島県)

「スモークフラワー」 吉村敏嗣(徳島県)

 入選


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413