全日本写真連盟

第10回人間大好き!フォトコンテスト結果発表

「第10回人間大好き!フォトコンテスト」の入賞作品97点が決まった。全国から491人、2477点の応募があり、全日本写真連盟会長で写真家の田沼武能さんが審査した。

【田沼さんの総評】
「人間よ、汝(なんじ)、ほほ笑みと涙との間の振り子よ」と詩人のバイロンは言ったが、私は人間は喜び、悲しみ、怒りなどのドラマを演じ、生涯を生きるのだと思っている。「人間大好き!フォトコンテスト」は、その人間のドラマの一瞬を捉えた感動の作品を募集し、10回目になる。
 最優秀賞に輝いた「歓喜のフィニッシュ」は、マラソンのゴールに感極まって家族も一緒にゴールした瞬間を捉え、家族の最高の幸せの光景を写し取っている。朝日新聞社賞に選ばれた「こんにちは!!」は、ベルーガ(シロイルカ)と飼育員の愛情物語が感じ取れる。全日本写真連盟賞の「ともだち」は、笑顔の子どもたちの明るい表情がすばらしい。いずれの入賞作品も、生きる希望や夢、未来を表現したものが選ばれた。
 近年のコンテストの応募作品は、カメラの性能がよくなり、技術的な失敗はなく、甲乙つけ難い作品が集まる。そこで違いが出るのは感性の良否によるところが大きい。撮影者が何に感動して写したのかが明確で、新しい発見のあるものが上位に選ばれる。前回の上位作品をまねたものは、被写体を発見した感動がないために賞から外れている。アイデアのひらめきも重要な要素になる。
 今回、不本意にも賞を逃した方も、来年の応募に向けて頑張ってください。努力は必ず報われると私は信じています。

 最優秀賞「歓喜のフィニッシュ」 中塚英男(香川県)

お父さんがマラソンでフィニッシュする瞬間に家族もいっしょになってゴールする。こんな状況はめったに起こることではない。まさに歓喜の瞬間であり、家族にとっては最高に幸せな瞬間である。最高の思い出になる写真でしょう。作者はそのチャンスを狙い、カメラポジションを選んだのだと思います。その狙いが最優秀賞をうんだのです。

 朝日新聞社賞「こんにちは!!」 江口アヤ子(神奈川県)

飼育員とシロイルカのイベントの一シーンをとらえたものでしょう。観客席の上部から中望遠レンズで、ブルーの水の中で立ち泳ぎをする飼育員とシロイルカ。飼育員の顔にキス?をする瞬間を写している。なによりもブルーの水面に白いイルカが中央に写し込まれており、画面効果としても満点の作品です。

 全日本写真連盟賞「ともだち」 纐纈明美(愛知県)

もちろんこれだけの子どもたちを乗せて走ることはないし、子ども自身がスクーターを走らせることはできない。作者の演出でしょう。演出写真であっても子どもたちの元気な表情が画面いっぱいに写し込まれている。そのわんぱく少年たちの自然な雰囲気が“人間大好き”“友だち大好き”を表現しています。

 関東本部長賞「意気な深川」 鈴木實(静岡県)

深川八幡宮の祭りは神楽に水をかけるので有名です。水をかけてもらい、家族全員が喜ぶ表情が素敵です。東京の下町の人たちの幸せの瞬間を写し撮っている。画面を覆う水しぶき、背景の雑踏も主役の家族たちを引き立たせる脇役になっています。

 アサヒカメラ賞「ねるのがお仕事なの」 渡邊孝恭(神奈川県)

私は人生はドラマだと思っています。赤ちゃんの寝ているのもドラマの一シーンだと思います。赤ちゃんの表情がさわやかで素晴らしい。平和そのものの寝顔です。白いシーツや肌着にたいして、黄色いよだれかけ、ブルーのタオルがさわやかな表情をいっそう強く表現しており、赤ちゃんが神々しく見える寝顔です。

 優秀賞

「僕達の妹」 八幡浩司(三重県)

「お花見」 田中睦子(栃木県)

「根性」 皆川幸恵(神奈川県)

「祭り囃子は子守唄」 内田賢智(神奈川県)

「六角橋商店街の結婚式」 小林郁子(神奈川県)

 特選

「三姉妹の七五三」 外勢肇(愛知県)

「救出作戦」 渋谷光世(茨城県)

「水辺のわんぱく達」 佐々木健二(兵庫県)

「家族の願い」 神戸幸人(長野県)

「別れの時」 太田和子(高知県)

 準特選

「無二の親友」 岡田徳治(神奈川県)

「めんごい弟」 芳賀和代(山形県)

「優しいお兄ちゃん」 仁藤政一(神奈川県)

「厄除け」 小森治之(千葉県)

「愛妻カット」 長谷川静江(栃木県)

「まなざし」 小松崎武美(埼玉県)

「私だよ!」 齋藤佳英(大阪府)

「96歳の得意芸」 小川賢(神奈川県)

「海は故郷」 磯辺公子(神奈川県)

「出演前」 森浩一郎(鹿児島県)

 入選

 高校生入賞


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413