全日本写真連盟

第25回栃木の自然と生活 審査結果

講評 佐藤親正
総評
 豊かな自然に恵まれた栃木県に相応しいテーマのコンテストだと思います。応募作品は表現力を感じる作品が多く見受けられました。このコンテストを自身が前進の力にして、全日本写真連盟主催の全国展で入賞される方が続々誕生される事を楽しみに期待しております。

 金  賞「夏休み①」 仲澤正男(烏山)

夏休みの日常を屋内と屋外両面から広く表現しながらダイナミックでまとまりを感じる作品だと思います。

 金  賞「夏休み②」 仲澤正男(烏山)

 金  賞「夏休み③」 仲澤正男(烏山)

 朝 日 新 聞 社 賞「優美」 飯塚悦男(足利)

美しい光の中で鳥と苔のシンプルな構図が味わいを感じ、感動する作品になりました。

 全日本写真連盟賞「夫婦」 奥畑二郎(烏山)

夫婦の表情が素晴らしく、苦労を共に分かち合って歩んだ人生を感じます。

 銀  賞

「点検中」 河又昭男(サン)
蒸気に包まれたSLの風貌と作業員の動きが良く、作者はSLを撮る視点を熟知していると思います。

「夏日」 江川清(横川)
雨蛙と同色の背景に趣を感じ、ひまわりの黄色の入れ方が絶妙に思います。

 銅  賞

「繕う」 髙塩定男(横川)
網を繕う作業の手をアップで捉えました。その作者意図が写っている手は十分に語っている。

「雪降る街」 新井辰男(足利)
高所より写した効果を感じる作品で、足跡の流れと赤色のコートが美しい。

「泥んこ」 永島勝次(足利)
イベントの作品だと思いますが、真剣にボールを追う目に強い力を感じます。

 県 本 部 長 賞

「キャッチ!」 八木橋裕司(足利)
カワセミが捕らえたモロコの形と水しぶきが絶妙で一瞬のドラマを感じます。

 県本部 委員長賞

「祭りの少女」 大岡博美(個人)
少女から演技者に変貌する儀式だろうか、無邪気な表情の中に覚悟を感じる。


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/10/05 会員限定オンラインプリントサービスのお知らせ
本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413