全日本写真連盟

第43回山口県本部支部対抗写真コンテスト 結果発表!

第43回山口県本部支部対抗写真コンテスト

山口県本部支部会員の親睦と写真文化向上をはかるため開催された第43回支部対抗写真コンテストの結果です。
9月15日(月・敬老の日)に山口市の「ハルトピアやまぐち」にて、公開審査を開催しました。
審査は、西部本部委員の小林勲氏と朝日新聞フォトディレクター・天田充佳氏の2人が担当しました。
11支部から315点の応募があり、金・銀・銅・入選39点の賞が決まりました。

【団体の部・結果】
①光支部 ②熊毛支部 ③新南陽支部

写真は、金賞の「至福の刻」板垣まり子さん(光支部)

 金賞「至福の刻」 板垣まり子(光支部)

水のブルーと白熊の白、色のコントラストが絶妙。
 林家三平の「どうもすみません?」に似たユーモアなポーズで決まり。

 銀賞「大物ゲット」 新井正義(新南陽支部)

赤い鯉のぼりを釣り上げた瞬間を捕らえたシャッターチャンスに加え、形の面白い鯉のぼりを暗い画面から浮かびあがらせた露出も成功しています。

 銀賞「親子」 山本俊典(新南陽支部)

両親と手を繋いでいる女の子のふざけた形が面白く、影を生かした光の読み方うまい。
ただ、影が途中で切れているのが残念。もう少し下を見せた方がさらに良い作品になるでしょう。

 銀賞「夕刻の田植」 東島晋(徳山支部)

田植えをしている人が画面の一番良い位置に置かれ、夕焼けのあかね色がこの作品をより良い作品に仕上げています。
空間処理がうまい。

 銅賞

「寄港した若者たち」 吉田金昭(長府支部)

「パパと楽しく」 吉本育功(宇部中央支部)

「紫陽花ロード」 八橋静恵(宇部中央支部)

「絆」 財満眞千子(宇部新川支部)

「湖面」 花田博義(宇部新川支部)

「夜のコンビナート」 井上弘成(山口支部)

「凍て付く川」 藤井克昌(山口支部)

「タックル」 江田光信(熊毛支部)

「雪の日」 井生よし江(熊毛支部)

「火事場」 梅田正一(新南陽支部)

「幻想」 中村進(徳山支部)

「クライマックス」 奥永収(光支部)

「なかよし」 加藤豊(光支部)

「五月の浜辺」 一山哲男(柳井支部)

「軌跡」 亀谷禮二(柳井支部)

 入選


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/10/05 会員限定オンラインプリントサービスのお知らせ
本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413