全日本写真連盟

全日本写真展2018結果発表(一般の部)

 「全日本写真展2018」(全日本写真連盟、朝日新聞社主催、株式会社ニコンイメージングジャパン協賛、全国高等学校文化連盟後援)の審査結果を発表します。

 ■テーマ絞り、的確に描写を 総評と講評
 毎回のことながら、「現代を撮る」というのは難しい。それは現代が混沌(こんとん)としており、そこから何を課題にすれば「現代」の写真なのかが明確ではないからだ。だからテーマを絞り切れず、大変苦労している作品が多かった。
 また、身近な日常生活を撮っているが、喜怒哀楽を的確に描写している作品は少なかった。作品のレベルは一定の水準を保っている。ただし、プリントの仕上げやタイトルの付け方にはもっと注意を払ってほしい。高校生の部は、逆に新鮮な面が多々あった。自分たちの学校生活だけではなく、家庭や社会へまなざしを向け、作品として成り立たせている例が多かったのが喜ばしかった。


■審査委員
松本徳彦(写真家、日本写真家協会副会長)
浅田政志(写真家)
清水哲朗(写真家)
若子jet(写真家)
及川研一(高等学校文化連盟全国写真専門部部会長)
佐藤親正(全日本写真連盟関東本部委員長)
松井寛(全日本写真連盟西部本部委員長)
大野明(朝日新聞東京本社映像報道部長)
佐々木広人(アサヒカメラ編集長)

全日本写真展2018巡回写真展のご案内

 金賞「復帰46年目の沖縄」 小出 由美(沖縄県)

 銀賞「私もカメラマン」 戸塚 喜八(山形県)

 銀賞「伝統漁と生きる」 青柳 征三(千葉県)

 銀賞「恋の季節」 渡辺 直樹(東京都)

 銀賞「宅配時代」 平野 成明(愛知県)

 銀賞「一服」 吉野 聖夫(三重県)

 銅賞

「インバウンド」 伊藤 信幸(神奈川県)

「友」 加藤 利光(静岡県)

「一人ぼっちの卒業式」 原 紹郎(愛知県)

「休憩中」 野瀬 みつ子(三重県)

「鷺の列~祇園祭」 三浦 征志浪(京都府)

「メモリアルヘアー」 竹本 賢一(兵庫県)

「大きなもち投げ」 芝 伊佐雄(和歌山県)

「剛力」 河野 通明(福岡県)

「春、小さな幸せ」 岩本 聖人(佐賀県)

「祭を終えて」 平岡 健三(熊本県)

 入選

 北海道優秀賞

 青森県優秀賞

 岩手県優秀賞

 宮城県優秀賞

 山形県優秀賞

 福島県優秀賞

 茨城県優秀賞

 栃木県優秀賞

 埼玉県優秀賞

 千葉県優秀賞

 東京都優秀賞

 神奈川県優秀賞

 新潟県優秀賞

 富山県優秀賞

 石川県優秀賞

 長野県優秀賞

 岐阜県優秀賞

 静岡県優秀賞

 愛知県優秀賞

 三重県優秀賞

 滋賀県優秀賞

 京都府優秀賞

 大阪府優秀賞

 兵庫県優秀賞

 奈良県優秀賞

 和歌山県優秀賞

 広島県優秀賞

 山口県優秀賞

 香川県優秀賞

 愛媛県優秀賞

 福岡県優秀賞

 長崎県優秀賞

 熊本県優秀賞

 大分県優秀賞

 鹿児島県優秀賞


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413