全日本写真連盟

第74回国際写真サロン(国内)

 第74回「国際写真サロン」(朝日新聞社・全日本写真連盟主催、キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社協賛)の審査がこのほど行われ、審査委員特別賞6点(海外、国内各3点)を含む海外作品80点、国内作品50点、計130点の入賞・入選が決まった。
 海外はイランの1582点を最多に40カ国・地域から5395点、国内からは3410点、総計8805点の応募があり、写真家の田沼武能氏ら11人が審査した。
 入賞・入選作品の内訳は、海外ではイランの22点を最高に、ベトナムが13点、インドが10点、バングラデシュが5点、スリランカ、リトアニアが各3点、スペイン、韓国、モルドバ、ルーマニア、アメリカが各2点、カナダ、中国、デンマーク、エストニア、フランス、イギリス、ハンガリー、インドネシア、イスラエル、イタリア、オマーン、シンガポール、スウェーデン、台湾が各1点だった。
 国内では、三重県の6点が最高で、埼玉、愛知、福岡が4点、岩手、兵庫、広島が3点と続いた。

 ■総評 審査委員長・田沼武能
 国際写真サロンの面白さは、国内と海外の違いも含めて、作品にそれぞれの国や地域の特色が濃く出るということ。今回もテーマやモチーフだけでなく、プリントの色調やトーンの違いに至るまで多様な作品が集まった。国別の作品の応募数にも、その時々の世界情勢や経済状況が反映されており、作品を通して今の世界の現状が見えてくる。
 また、このコンテストは合成や画像加工などを認めているが、今回の入選作品には過去ヨーロッパ地域などで見られた手の込んだ加工作品が少なかったのも特徴だ。

 ■審査委員(敬称略)
田沼武能(全日本写真連盟会長・写真家)
熊切圭介(同理事・写真家)
太田睦子(IMA編集部エディトリアルディレクター)
桜井秀(写真家)
白鳥真太郎(写真家)
高木こずえ(写真家)
束芋(現代美術家)
林栄之(全日本写真連盟関西本部委員長)
池田勉(同西部本部委員長)
山之上玲子(朝日新聞東京本社写真部長)
小林正明(同大阪本社写真部長)

 審査委員特別賞「語り部(Storyteller)」 太田 信子  Nobuko Ota

 明かり障子からはずれた左側に語り部の表情、ガラスを透かして熱心に聞き入る聴衆。画面構成が素晴らしい。間に障子を入れ込むことにより、楽しい空間が向こうにあるけれどこちら側には少し寂しい空間が存在するというような感情をも抱かせる。遠野という地域性をよく写し込んだ作品だ。
Consider the facial expression of the storyteller, who is sectioned off to the left by the sliding doors, and her intently-listening audience as seen through the glass. The composition of the frame is perfect. The central position of the sliding doors creates the mood of two contrasting spaces: the playful space inside with the group and the lonely space outside of it. This photograph is reminiscent of some locales in Tono City, Iwate Prefecture.

 審査委員特別賞「SLロマン(SL Romance)」 佐藤 親正 Chikamasa Sato

 流し撮りのテクニックを上手に使っており、流れた煙の具合も面白い。列車の後部まで入れたことにより、汽車がおもちゃみたいにも見え、旅のロマンを感じさせる作品だ。
Very good use of panning technique. The flow of the trailing smoke is also interesting. Because the cars extend so far back, the railroad train actually looks like a toy; you can feel the romance of travel through this photograph.

 審査委員特別賞「好奇心(Curiosity)」 樋口 哲司  Tetsuji Higuchi

 子どもたちのつぶらな瞳が素晴らしい。特に手前の3人の目の輝き、好奇心がないとこういう風な輝きは出て来ない。子どもたちの視線の先には何が在るのか? そんな興味をそそられる写真だ。
The wonderful, rounded eyes of these children are just perfect. Especially those of the three children up front—without curiosity, their eyes couldn’t shine so brightly! Just what are the children looking at? This photo tantalizes us with that question.

 入選

「碧氷」 山本 正広

「過密」 小川 文男

「湯に打たれ」 村上 吉秋

「挨拶」 斎藤 政征

「佳日」 奥畑 二郎

「市場へ」 後藤 芙美子

「繕う」 石橋 哲子

「明日のにぎわい」 菊地 博子

「父を信じて」 青柳 征三

「繋留」 丹羽 敏憲

「ランニング・タクシー」 藤城 京輔

「仲良し」 弥田 正蔵

「チンパンジー」 石金 忠

「家族」 吉田 照人

「INFERNO」 スバギオ・ワユディ

「quiet life」 竹内 和俊

「オットトト!」 堀江 柾夫

「ドキッ!」 山本 田鶴子

「我慢の限界」 伊藤 久幸

「ポーズ」 安藤 宏幸

「EYE」 平野 成明

「突風」 水野 政義

「暑い日」 牛場 寿子

「Love」 岡村 仲江

「老父」 花木 義孝

「海女」 野瀬 みつ子

「主を待つ」 西村 康夫

「希望」 山本 璋子

「傘下」 木村 正司

「群かもめ」 西本 雅一

「準備中」 日永 潤作

「おひとりさま」 山本 桂子

「お彼岸のころ」 田畑 正彦

「神馬」 田中 賢

「影」 小寺 敏博

「ジャンプ」 笹尾 敏子

「雛まつりの頃」 山崎 秀司

「宝さがし」 藤吉 修忠

「楽屋の女」 渡辺 正則

「落鮎を狙う」 坂田 泰子

「花衣」 平元 一幸

「祭りのひととき」 錦織 宏

「世代」 角 和典

「地蔵盆」 内田 博喜

「凝視」 桜井 勉

「百日紅」 小林 勲

「祭りの男」 吉岡 邦好


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/10/05 会員限定オンラインプリントサービスのお知らせ
本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413