全日本写真連盟

「フォトフェスタ志摩2017」撮影会コンテスト グランプリは愛知の小島さんに

 三重県の志摩半島・御座で、地元の海女らを写した「フォトフェスタ志摩2017」の撮影会コンテスト(全日本写真連盟中部本部・朝日新聞社主催、富士フイルムイメージングシステムズなど協賛)の審査があり、前年を301点上回る857点の応募作品から、小島康生さん(愛知県春日井市)の「談笑」がグランプリに輝いた。
 新設の志摩市長賞と同市観光協会長賞は、それぞれ三森美邦さん(名古屋市)の「飛沫」と中西宣夫さん(三重県大紀町)の「海女の海」が獲得。優秀賞には、冨田弘さん(同県多気町)の「船上へ」、神谷敦司さん(愛知県刈谷市)の「潜る」、増田テル子さん(京都府城陽市)の「出会い」が選ばれた。
 入賞作品展は11月7日から12日の午前10時~午後5時(最終日は午後4時)、名古屋市中区のNTT三の丸ギャラリーで。来年4月からは、三重県志摩市のホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩でも展示の予定。
 全入賞者は次のみなさん。(敬称略)

 【グランプリ】
  小島康生(春日井市)

 【志摩市長賞】
  三森美邦(名古屋市)

 【観光協会長賞】
  中西宣夫(大紀町)

 【優秀賞】
  冨田弘(多気町)、神谷敦司(刈谷市)、増田テル子(京都府城陽市)

 【入選】
▼愛知県
大岩友理(名古屋市)、榊原司(春日井市)、柴田鈴江、岡本明(刈谷市)、水野政義(豊田市)、織田善嗣(安城市)

▼三重県
池山資信、内山修(津市)、水谷寛(四日市市)、羽根俊夫、羽根和子、川崎幸雄、谷内浩(桑名市)、山﨑明教、清水和雄、竹内静恵、藤原雅、坂倉美智子、山川充子、遠藤義光、加藤清史、梁井英雄、中谷栄美代、万代昌克、植木政弘(鈴鹿市)

▼中部本部管外
水野伸治(奈良県大和郡山市)、上村直美(京都市)、大橋政美(京都府亀岡市)、野村慶吉(同府長岡京市)、藤原百合子(北九州市)
 
 ※今回の撮影会風景はこちらからご覧いただけます。

 グランプリ「談笑」 小島 康生(春日井市)

 志摩市長賞「飛沫」 三森 美邦(名古屋市)

 観光協会長賞「海女の海」 中西 宣夫(大紀町)

 優秀賞「船上へ」 冨田 弘(多気町)

 優秀賞「潜る」 神谷 敦司(刈谷市)

 優秀賞「出会い」 増田 テル子(城陽市)

 入選

「ふれあい」 大岩 友理(名古屋市)

「潜る」 榊原 司(春日井市)

「ひと休み」 柴田 鈴江(刈谷市)

「海風のいたずら」 岡本 明(刈谷市)

「対面」 水野 政義(豊田市)

「暖を求めて」 織田 善嗣(安城市)

「海女漁を終えて」 池山 資信(津市)

「浜辺」 内山 修(津市)

「浜辺にて」 水谷 寛(四日市市)

「明日に向かって」 羽根 俊夫(桑名市)

「漁を終えて」 羽根 和子(桑名市)

「身なりを整えて」 川崎 幸雄(桑名市)

「皆、友達」 谷内 浩(桑名市)

「バイ-バイ」 山﨑 明教(鈴鹿市)

「明日も頑張ろう」 清水 和雄(鈴鹿市)

「かける少女」 竹内 静恵(鈴鹿市)

「夕映え波打つ」 藤原 雅(鈴鹿市)

「晩夏」 坂倉 美智子(鈴鹿市)

「風のいたずら」 山川 充子(鈴鹿市)

「お散歩」 遠藤 義光(鈴鹿市)

「浜遊び」 加藤 清史(鈴鹿市)

「語らい」 梁井 英雄(鈴鹿市)

「出会い」 中谷 栄美代(鈴鹿市)

「清め」 万代 昌克(鈴鹿市)

「語らい」 植木 政弘(鈴鹿市)

「飛び込むわよ!」 水野 伸治(大和郡山市)

「和みのとき」 上村 直美(京都市)

「浜辺の散歩」 大橋 政美(亀岡市)

「影」 野村 慶吉(長岡京市)

「お尻注意!炎」 藤原 百合子(北九州市)


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/10/05 会員限定オンラインプリントサービスのお知らせ
本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413