全日本写真連盟

第22回 「千葉市動物公園の四季」

第22回 「千葉市動物公園の四季」写真コンテスト作品募集

千葉県本部では第22回「千葉市動物公園の四季」写真コンテストを下記の通り開催します。千葉市動物公園は開園当初から世界の霊長類の飼育、特に絶滅が危惧される希少種動物の繁殖に力を入れています。昨年の7月にはブラジル北部やガイアナなどの熱帯雨林に生息している小型のサルの「アカテタマリン」が21年ぶりに来園して、3月24日に双子の赤ちゃんが生まれ、5月中旬ごろには親から離れた姿がご覧になれるそうです。また7つの動物ゾーン、動物科学館、生まれたばかりの可愛い赤ちゃんやライオンもいます。この千葉市動物公園内の四季の風景や、動物たちの優しさとユーモラスな光景などを、斬新な感性で撮影した作品を競い合う写真コンテストです。ふるってご応募ください。

題材:過去1年以内のを通して千葉市動物公園内で撮影した動物、スナップ、園内の四季風景などを撮影した未発表の作品で、6月3日(日)の撮影会当日に撮影した作品は、別途「撮影会大賞」の審査対照になります。

撮影会:平成30年6月3日(日)9時30分~15時 千葉市動物公園内 (集合場所は正門前)。申込み締め切りは5月25日(金)です。詳細は別ページの「応募要項」をご覧下さい。

作 品:カラー・モノクロともA4~四つ切りサイズの単写真に限ります。画面の合成加工は不可。インクジェットプリンターで印刷した作品は充分に乾燥させて、透明袋に入れて下さい。

応募資格:どなたでも応募できます。支部会員、個人会員と一般の方を含む公募で、千葉県外の方も歓迎します。

応募点数:1人5点以内。

応募票:申込書および応募票に必要事項を記入する。(事務局欄は記入しない)。応募票は両面テープか片面テープを輪にして作品の上下が分かるように裏面に貼る。画題の文字数は漢字を含めて10文字以内とする。

応募料:応募点数にかかわらず 1,500円 (県本部支部会員は1,000円)を郵便局の定額小為替を同封して下さい。

返却:選外作品の返却希望者は応募票の「返却希望」に○印をつけて、返却料1,000円の定額小為替を同封して下さい。ただし、入賞作品は返却いたしません。

応募締め切り:平成30年7月6日(金)到着分まで。

送り先:〒260-0013 千葉市中央区中央3-10-4  朝日新聞千葉総局内 「第22回千葉市動物公園の四季写真コンテスト」係  と明記。 電話:043-223-1911

審査員:全日本写真連盟 関東本部委員

賞:最優秀賞1点・優秀賞2点・特選2点・撮影会大賞、千葉市動物公園長賞、動物公園の四季賞(春夏秋冬各1点)、朝日新聞社賞、全日本写真連盟賞、秀作10点で各賞には賞品を授与します。

発表:入賞者には直接通知して、全日本写真連盟と同千葉県本部のホームページと朝日新聞紙上及び、フォトアサヒ誌上に掲載します。

展示:入賞作品は千葉市動物公園内で写真展を開催して展示します。また、動物公園の広報として使用させて頂きますのでお返しできません。尚ポスターなどに利用する場合は原版をお借りすることがあります。

主催:全日本写真連盟千葉県本部・朝日新聞千葉総局
後援:千葉市動物公園

撮影会のお申し込みと問合せ先:全日本写真連盟千葉県本部事務局   047-702-9870  伊東まで


千葉市動物公園のサイトはこちらから

応募要項とチラシ


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413